葉ごぼうの栽培育て方|楽しい家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

葉ごぼうの栽培育て方

楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方

家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

葉ごぼうの風味は最高で、容器栽培に適しています。小指の太さほどに成長したごぼうを、やわらかい葉と一緒に利用します。
 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方>葉ごぼうの栽培 育て方

  サイトマップ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ


野菜の栽培基礎知識
土作りと
必要な材料・道具


家庭菜園 種のまき方・育苗から収穫まで


家庭菜園 病気・害虫
対策と駆除

 果菜類の栽培
   いんげん
   エンドウ
   おくら
   きゅうり
   トマト
   なす
   ピーマン


 葉茎菜類の栽培
   青じそ
   あしたば
   エンダイブ
   小松菜
   春 菊
   スープセロリー
   たまねぎ
   に ら
   にんにく
   葉からしな
   パセリ
   ブロッコリー
   ほうれん草
   みつば
   芽きゃべつ
   モロヘイヤ
   リーフレタス
   わけぎ


 
菜類の栽培
   コカブ
   じゃがいも
   しょうが
   大 根
   にんじん
   葉ごぼう
   ラディッシュ

 ★お勧めリンク集
  1 ハーブ
  2 ハーブティー、紅茶
  3 アロマテラピー
  4 レシピ・料理(1)
  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ
  7 栄養、サプリメント
  8 ダイエット
  9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜、家庭菜園
 16 植物関係(1)
 17 植物関係(2)

  サイトマップ
  プロフィール

 
★相互リンク大募集

を食べる
根菜類
      check 葉ごぼう の 栽培 育て方



 1.ごぼう とは

●原産/中国東北部からシベリア、北欧にかけての広い範囲が原 産地と言われています。   
●キク科ゴボウ属
  ●旬11月~2月  ●淡色野菜


<概 要>
ごぼうは、ヨーロッパ、シベリア、中国に分布しており、日本へは数百年前に中国から薬草として紹介され、古くから親しまれてきました。ごぼうを料理に使うのは日本だけ。一部、韓国料理でも使われますが、日本に比べて微々たるもののようです。また、世界で唯一食用として栽培されているのが日本。欧米の人々から見ると非常に珍しい野菜です。


ごぼうはアクが強いので、切ったら直ぐに酢水に浸してアクを抜く場合もありますが、アクの正体は実はポリフェノール。アクを抜くと、ポリフェノールと皮の旨み成分も抜けてしまうので、アクを抜かないで利用することもあります。食べ過ぎるとかえってお腹の調子を悪くする怖れがあるので、食べ過ぎには注意が必要。低カロリー野菜なので女性のダイエットに使うのもおすすめです。

買う時は、泥付きのもので、太さが均一、ひげ根の少ないものが美味しく、手に持った時に、ちょっと柔らかくしなる物を選んで購入しましょう。泥が付いている状態での保存は、湿った新聞紙などに包み冷暗所で保存します。泥を洗い流した場合は、冷蔵庫で保存します。

<栄 養>
ごぼうに含まれる多糖類で水溶性食物繊維の
イヌリンや、繊維質(食物繊維)のセルロースリグニンの含有量は、野菜の中でもトップクラスです。食物繊維は、腸の中の発ガン物質を吸着する働きがあり、コレステロールを低下さるので、便秘の解消、整腸作用、動脈硬化や大腸ガンの予防などに効果があります。ここ最近食物繊維の摂取は、全身に影響を与える腸内環境を整えるために、また改めて注目されています。

また、イヌリンは体内でブドウ糖に変化しにくく、血糖値を下げる働きがあるので、糖尿病にも有効だといわれています。
カリウムマグネシウム亜鉛などのミネラル成分も多く含まれます。
ごぼう
ごぼう


ごぼう




アクの正体は、実は
ポリフェノール
水にさらすと出るアクの正体はポリフェノール。アク抜きをするとポリフェノールと一緒に、皮のうまみ成分も抜けてしまうので、アク抜きをしないで利用する場合もあります。

肉・魚との
相性がバツグン!!
ごぼうのポリフェノールには、においを消す効果があるので、肉や魚との調理がお勧めです。

皮が重要
ごぼうの香りやうまみは皮に含まれているので、たわしでよく洗ったあと、皮は包丁でこそげ落とす程度に。
 2.葉ごぼう

●原産/中国から渡来
●キク科ゴボウ属  ●旬3月~7月


独特の爽やかな香りと特有の歯ざわりがうれしい葉ごぼうは、中国から渡来して、平安時代には薬用として利用されていました。

春をよぶ野菜、葉ごぼうは関西を中心に5~6月に出回り、柔らかい軸(葉柄)と若い根を食用にする、この時期だけの季節野菜です。大阪ではポピュラーで、春になるとほんの一瞬スーパーに並びます。

香川県では、古くからのふるさと野菜で、牟礼町では、トンネル栽培で12月~翌年月にかけて収穫し、順次出荷します。また、福井県の越前白茎も有名です。

根っこ(ゴボウの部分)は、15~20cm程度で全長は80cmくらい。食物繊維が多く、鉄分、カルシウムも含まれています。


出典/ウィキペディア (Wikipedia) フリー百科辞典、野菜辞典


葉ごぼう
葉ごぼう
 葉ごぼうの栽培スケジュール

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
種まき
栽培管理
間引き
ビニールトンネル ビニールトンネル→
収 穫
秋まき 春まき
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
葉ごぼうの栽培・育て方
特 徴

<品 種>
葉ごぼう栽培に適した品種は、早春まき用には、「早生白茎」「萩」「大浦」など、秋まき用として、「越前白茎」「萩」などがあります。

<発芽・生育適温>
種の発芽適温は20~25℃で、10℃以下では発芽率が悪くなります。生育適温も20~25℃で、耐暑性はかなり強い方です。また、根は気温がマイナスになっても耐えますが、地上部は寒さに弱く、3℃まで気温が下がると枯死してしまいます。



<培養土>

栽培には有機物が多く、排水性のよい土が適しています。酸性土に弱い植物なので、苦土石灰で土を中和する必要があります。粘質性の土だと、葉の色が冴え、香りの強い葉ごぼうができますが、根の伸長がさまたげられ、岐根(また根)になってしまいます。

また、種が好光性なので、覆土を厚くすると発芽が悪くなります。
栽 培

種の処理
種は、24時間水に浸して含水させて、テッシュなどの紙の上に広げて生乾きにしたものを使います。
種は、24時間水に浸して含水させて、テッシュなどの紙の上に広げて生乾きにしたものを使う。


種まき
深さ30cm以上のプランターか、10号鉢、市販培養土の袋などに培養土を準備し、種をばらまきにします。(春まきの場合は、種まき後すぐにビニールトンネルを掛けます。)
深さ30cm以上のプランターか、10号鉢、市販培養土の袋などに培養土を準備し、種をばらまきにする。
 覆土
ごく薄く覆土して、かまぼこの板などを使って軽く押さえ、上から新聞紙をかぶせ、新聞紙の上から水やりします。
ごく薄く覆土し、かまぼこの板などで軽く押さえ、上から新聞紙をかぶせ、新聞紙の上から水やり。
間引き・追肥・増し土-1
本葉1~2枚の頃に株間3~4cmに間引きし、間引き後、化成肥料を少々ばらまきます。その後、株が倒れないように増し土します。
本葉1~2枚の頃に株間3~4cmに間引きし、間引き後、化成肥料を少々ばらまく。その後、株が倒れないように増し土。
 間引き・増し土-2
本葉3~4枚になったら、株間5~6cmくらいに間引きし、間引き後、液肥(ハイライザーか野菜液/800~1000倍液)を与えて葉の成長を促します。またこの時、腐葉土を敷きつめます。
本葉3~4枚で株間5~6cmくらいに間引きし、液肥(ハイライザーか野菜液/800~1000倍液)を与える。またこの時、腐葉土を敷きつめる。
-1 管 理(秋まきの場合)
晩秋の頃、外側の硬い葉や枯れた葉は取り除き、ビニールトンネルを掛けて保温します。
-2 管 理(春まきの場合)
種まき後、すぐにビニールトンネルを掛けます。
ビニールトンネルを掛けて保温する。
 収 穫
葉が25~30cmくらいに伸び、根が1cmくらいに太ったら、やわらかいうちに抜いて収穫し、根といっしょに利用します。
葉が25~30cmくらいに伸び、根が1cmくらいに太ったら、やわらかいうちに抜いて収穫する。
豆知識1

葉ごぼう調理のコツ
葉ごぼうは、香りを楽しむ野菜なので、味や香りの強い食材と混ぜないように調理します。また、火を通す時は根を先に入れ、茎葉は後から入れるのがコツです。

<調理例>
①油揚げやこんにゃくといっしょに煮る
②豚肉まき
③いかとの酢みそあえ
④炊き込みご飯
⑤てんぷら
⑥お吸い物具
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
野菜/旬の季節

下の表を参考にして、季節に合った野菜を選んで栽培してみましょう。

果菜類の栽培<果菜類の旬>
インゲン(4~8月) 10 11 12
エンドウ(4~6月) 10 11 12
オクラ(7~9月) 10 11 12
キュウリ(7~8月) 10 11 12
トマト(6~8月) 10 11 12
ナス(6~9月) 10 11 12
ピーマン(6~8月) 10 11 12

葉茎菜類の栽培<葉茎菜類の旬>
アオジソ(6~10月) 10 11 12
アシタバ(3~9月) 10 11 12
エンダイブ(10月~3月) 10 11 12
コマツナ(12~2月) 10 11 12
シュンギク(11~3月) 10 11 12
スープセロリー(3~4月) 10 11 12
タマネギ(5~6月、10~12月) 10 11 12
二ラ(3~9月) 10 11 12
ニンニク(5~8月) 10 11 12
葉カラシナ(2~4月) 10 11 12
パセリ(3~4月) 10 11 12
ブロッコリー(11月~1月) 10 11 12
ホウレンソウ(11~3月) 10 11 12
ミツバ(2~4月) 10 11 12
芽キャベツ(11~2月) 10 11 12
モロヘイヤ(7~8月) 10 11 12
リーフレタス(5~7月) 10 11 12
ワケギ(12~3月) 10 11 12

根菜類の栽培
<根菜類の旬>
小カブ(10~5月) 10 11 12
ジャガイモ(3~4月、11~12月) 10 11 12
ショウガ(一年中) 10 11 12
ダイコン(12~2月) 10 11 12
ニンジン(9~11月) 10 11 12
葉ゴボウ(3~7月) 10 11 12
ラディッシュ(11~6月) 10 11 12
果菜類の
栽培
インゲンの栽培育て方
インゲン
エンドウの栽培育て方
エンドウ
オクラの栽培育て方
オクラ
キュウリの栽培育て方
キュウリ
トマトの栽培育て方
トマト
ナスの栽培育て方
ナス
ピーマンの栽培育て方
ピーマン
葉茎菜類の
栽培
アオジソの栽培育て方
アオジソ
アシタバの栽培育て方
アシタバ
エンダイブの栽培育て方
エンダイブ
コマツナの栽培育て方
コマツナ
シュンギクの栽培育て方
シュンギク
スープセロリの栽培育て方
スープセロリー
タマネギの栽培育て方
タマネギ
ニラの栽培育て方
二ラ
ニンニクの栽培育て方
ニンニク
葉カラシナの栽培育て方
葉カラシナ
パセリの栽培育て方
パセリ
ブロッコリーの栽培育て方
ブロッコリー
ホウレンソウの栽培育て方
ホウレンソウ
ミツバの栽培育て方
ミツバ
芽キャベツの栽培育て方
芽キャベツ
モロヘイヤの栽培育て方
モロヘイヤ
リーフレタスの栽培育て方
リーフレタス
ワケギの栽培育て方
ワケギ
根菜類
栽培
小カブの栽培育て方
小カブ
ジャガイモの栽培育て方
ジャガイモ
ショウガの栽培育て方
ショウガ
ダイコンの栽培育て方
ダイコン
ニンジンの栽培育て方
ニンジン
葉ゴボウの栽培育て方
葉ゴボウ
ラディッシュの栽培育て方
ラディッシュ
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)  11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  15 野菜・家庭菜園(1)  16 野菜・家庭菜園(2)
17 植物関係(1)  18 植物関係(2)
                                                このページの一番上へ移動
 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方                    <<前のページ  次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
葉ごぼう の 栽培 育て方
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方