にんじんの栽培育て方|楽しい家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

にんじんの栽培育て方

楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方

家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

にんじんはセリ科の根菜で、アフガニスタンが原産です。ビタミンAの含有量が多い緑黄色野菜で、東洋系と西洋系の品種があります。
 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方>にんじん(人参)の栽培 育て方

  サイトマップ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ


野菜の栽培基礎知識
土作りと
必要な材料・道具


家庭菜園 種のまき方・育苗から収穫まで


家庭菜園 病気・害虫
対策と駆除

 果菜類の栽培
   いんげん
   エンドウ
   おくら
   きゅうり
   トマト
   なす
   ピーマン


 葉茎菜類の栽培
   青じそ
   あしたば
   エンダイブ
   小松菜
   春 菊
   スープセロリー
   たまねぎ
   に ら
   にんにく
   葉からしな
   パセリ
   ブロッコリー
   ほうれん草
   みつば
   芽きゃべつ
   モロヘイヤ
   リーフレタス
   わけぎ


 
菜類の栽培
   コカブ
   じゃがいも
   しょうが
   大 根
   にんじん
   葉ごぼう
   ラディッシュ

 ★お勧めリンク集
  1 ハーブ
  2 ハーブティー、紅茶
  3 アロマテラピー
  4 レシピ・料理(1)
  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ
  7 栄養、サプリメント
  8 ダイエット
  9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜、家庭菜園
 16 植物関係(1)
 17 植物関係(2)

  サイトマップ

  プロフィール

 
★相互リンク大募集



家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ











家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ
を食べる
根菜類
     check にんじん の 栽培 育て方


            にんじん とは

●原産/アフガニスタン   ●セリ科ニンジン属  ●旬9月〜11月  ●緑黄色野菜
<概 要>
にんじんは、アフガニスタンが原産のセリ科ニンジン属の野菜です。アジア東方に伝わった細長い東洋系品種と、ヨーロッパに伝わった太く短い西洋系品種の種類に大別され、ともに古くから薬や食用として栽培が行われてきました。

日本では江戸時代以降、東洋系品種の栽培が主流でしたが、栽培の難しさから生産量が減少し、現在では西洋系品種が主流になっています。なお、一般に薬草として用いられている『朝鮮人参』は、ウコギ科の植物であり、植物分類学上にんじんとは異なる植物です。

にんじんは1年草で、原産地のアフガニスタン周辺で東西に分岐し、世界各地に伝播しました。オランダを通り、イギリスへと西方へ伝来しながら改良が行われていったにんじんを西洋系と分類し、中国を経て東方へと伝わってきたのを東洋系と分類すると、にんじんはこの種類に大別できます。

日本への伝来は16世紀で、この頃は葉も根と同様に食用としていましたが、明治時代以降では一般に根のみを食べるようになりました。現在でも地域によっては、間引きのため抜去された株が葉を食べる商品として出荷されることがあります。


東洋系にんじん (写真は全農おかやま・船穂町の金時にんじん)



西洋系にんじん
西洋系にんじん

<植物としての特徴>
栽培には涼しい気候が適していますが、苗の段階では比較的高い温度にも耐えられます。そのため、夏に種をまいて秋から冬に収穫する方法が最も容易です。

しかしにんじんは、種の吸水力が弱く、発芽率が低いため、種まき後に土が乾燥すると、極端に発芽が悪化するため、雨後を狙って種をまきます。また乾燥を防ぐために水やりしたり、新聞紙や、わら、腐葉土などを、土の上にかぶせると効果的です。

短根にんじんは、多くの土質で栽培が可能ですが、有機質に富んだ砂質土壌が最適とされます。しかし過湿に弱く、水はけが悪いと根腐れを起こしてしまいます。土壌酸度は、弱酸性から中性が適し、酸性ほど生育が遅れ、裂根が多くなります。

また、線虫(ネコブセンチュウ類やネグサレセンチュウ類)の被害を受けやすいので、畑の場合は、前作で被害のあった場所での栽培は避けます。また、日陰では茎葉ばかりが茂り、根の肥大が悪くなるためなるべく日陰になりやすい場所は避けたほうが良いでしょう。

長根種は一部の地域で栽培されているだけで、現在は五寸ニンジンと呼ばれる長さ15cm内外の品種が多く栽培されています。これは品種や色、形状と揃い、カロチンの含有量、作りやすさなどを目的にして改良が進んだためです。このほかプランターでの栽培が容易な長形や丸形のミニにんじんもあります。

にんじんは、種をまいて発芽するまでに10日ほどかかり、その後の生育も遅いペースで進みます。新聞紙などを掛けて乾かないように管理していると、雑草が一斉に生えてきて、どれがにんじんかわからないくらいになってしまいます。また生えてきたにんじんは生育が遅いので、除草作業を怠ると、雑草に負けて枯れてしまうので、生えてきた雑草を、小さいうちに早く抜き取ることが大切です。




五寸にんじん


ミニにんじん
ミニにんじん

<東洋系ニンジン>
中国で改良された東洋系のニンジンは、16世紀に日本に伝えられ、全国各地で作られるようになりました。

赤色の金時ニンジンを筆頭に、甘味が強くてニンジン特有の臭みが少なく、煮ても形が崩れにくいので和風の料理に重宝されます。なかでも京料理で比較的多く用いられることから、金時ニンジンは「京人参」とも呼ばれ、京野菜のひとつに数えられています。

しかし、栽培しにくいことがネックとなり、第二次世界大戦後西洋系ニンジンが主流となってきています。正月料理用などとして、現在でも晩秋から冬にかけて市場に出回りますが、栽培量が少ないためこの季節以外での入手は困難です。


<西洋系ニンジン>
西洋系ニンジンは、オランダやフランスで改良がすすみ、江戸時代末期に日本に伝来しました。主にオレンジ色をしており、甘味もカロチンも豊富に含んでいます。

五寸ニンジンが一般的な品種で、ちょうど五寸(15cm20cm)ぐらいの長さで、金時ニンジンなどと比べて太めなのが特徴です。かつてはカロチンのニンジン臭が強く、子供の嫌う野菜の筆頭格でしたが、品種改良により最近では臭いも薄くなりました。

全国の気候に応じた品種が栽培されていて、一年中市場に出回っていますが、ニンジン本来の旬は、月から11月頃です。


東洋系にんじん (写真は全農おかやま・船穂町の金時にんじん)


西洋系にんじん
西洋系にんじん



五寸にんじん
 にんじん(人参)<根・ゆで>の栄養成分

栄養素名 含有量 栄養素名 含有量
皮つき 皮むき 皮つき 皮むき
カロリー(kcal) 36 39 ビタミンE(mg) 0.4 4.5
水分 (g) 90.1 89.1 ビタミンK (μg) 3 3
たんぱく質 (g) 0.5 0.6 ビタミンB1 (mg) 0.04 0.03
脂質 (g) 0.1 0.1 ビタミンB2 (mg) 0.03 0.04
炭水化物 (g) 8.7 9.6 ナイアシンアミド (mg) 0.6 0.5
灰分 (g) 0.6 0.6 ビタミンB6 (mg) 0.11 0.12
ナトリウム (mg) 20 21 ビタミンB12 (μg) 0 0
カリウム (mg) 260 240 葉酸 (μg) 22 19
カルシウム (mg) 31 30 パントテン酸 (mg) 0.45 0.27
マグネシウム (mg) 11 9 ビタミンC (mg) 2 2
リン (mg) 27 25 飽和脂肪酸 (g) 0.01 0
鉄 (mg) 0.2 0.2 一価不飽和脂肪酸 (g) 0 0
亜鉛 (mg) 0.2 0.2 多価不飽和脂肪酸 (g) 0.03 0
銅 (mg) 0.04 0.04 コレステロール (mg) 0 0
マンガン (mg) 0.13 0.22 水溶性食物繊維 (g) 1.1 1
レチノール (μg) 0 0 不溶性食物繊維 (g) 1.8 2
カロチン (μg) 8900 8600 食塩相当量 (g) 0.1 0.1
ビタミンD (μg) 0 0

(注)栄養成分の含有量は、だいこん(大根)の可食部100g当たり。
資料:文部科学省資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用

<根>
カロテノイドを含む黄色や橙色のものや、黒人参などアントシアニンを含む濃紫色や、紅紫色のものがあります。

長さ15cm内外の短根ニンジンが、周年店頭に並び、さまざまな料理に広く利用されます。生食、炒める、煮るなど、多くの方法で調理が可能で、玉葱・じゃがいも・人参をあわせて家庭常用3野菜という人もいます。

西洋料理のブイヨン(出汁)作りやソフリットなど、料理にうまみを出す用途にも用いられ、ハルヴァやケーキなどデザートの素材にもなります。摺り下ろして絞ったジュースも日常的に利用されています。

<栄養価>
たっぷりのカロチンでガンや成人病の予防
にんじんは、カロチンが豊富で、緑黄色野菜に分類されます。カロチンの呼称がニンジンの英語名である「キャロット」に由来するように、にんじんのカロテン含有量はずば抜けて多く、中くらいの半本で、日の必要量がとれるほどです。

また、
ビタミンBビタミンCカルシウムも多く、栄養的価値が高い。カロチンを多く含むため、リコピンを多く含むトマトといっしょに食べるとガン予防によいと言われています。また、カロチンは免疫力を高めるので、皮膚や粘膜を強くし、心臓病、動脈硬化などの予防に効果を発揮します。

2004月の国際家政学会での発表によると、油を使うなら、200度もの高温は避け、短時間での調理にとどめる方が、カロテンの消化・吸収が良くなるとの事です。

にんじんの皮は、白っぽく非常に薄いもので、機械により、出荷地で既に剥かれていて、多くの人が皮だと思い捨てている部分に、実は
グルタミン酸カロテンなどの栄養が豊富に含まれています。

<葉>
にんじんの葉はまれに出荷されることがありますが、にんじんの葉は野菜炒め・天ぷら・お浸しなどで食べることが可能であり、味はセリに似て、独特の清涼感があります。

<効 能>
高血圧予防、動脈硬化予防、整腸作用、疲労回復、美肌保持、低血圧改善、視力回復、貧血改善、風邪予防、ガン予防

<食べ方>
漬け物、煮物、揚げ物、サラダ、炒めもの、酢の物など。

出典/ウィキペディア (Wikipedia) フリー百科辞典、野菜辞典






   にんじんの
  サラダでの食べ方

にんじんにはアスコルビナーゼというビタミンCを壊す酵素が入っています。
熱を加えたり、酢やレモン汁などを使ったりすることで、アスコルビナーゼの働きを抑えられるので、にんじんをサラダなどで生食する時は、酢やレモン果汁い入りのドレッシングで和えるとよいでしょう。
 にんじんの栽培スケジュール

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
種まき
栽培管理
←間引き・増し土
追肥 追肥
←ビニールトンネル
収 穫
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
にんじん(人参)の栽培・育て方
特 徴

<生育適温>
8〜30℃温度範囲で発芽しますが、発芽の適温は20〜25℃です。生育適温は18〜21℃で、高温になると根の肥大や着色が悪くなります。根は低温に耐えますが、3℃で肥大は止まります。

<土 壌>
種は好光性なので、厚く覆土すると発芽が悪くなります。また、土壌が乾燥すると発芽不良となり、根の生育も悪くなります。pH5.4以下の酸性土は不敵で、適湿を保てる排水、通気性のよい土壌が向いていて良品ができます。



<その他>

本葉3〜5枚以上の苗が、10℃以下の低温に一定期間さらされると花芽ができ、その後の高温長日によって、とう立ちして開花します。

プランター栽培・ベランダ栽培では、三寸にんじんやミニにんじんなどの小型のにんじん(人参)が作りやすいでしょう。
栽 培

@種まき
深さ15cm以上の容器(プランター)に培養土を準備し、3cmの浅いまき溝を作ります。まき溝に種をまきますが、にんじんの種は土を押し上げる力が弱いので、まく時にまく幅を広くして種を多めにまきます。
深さ15cm以上のプランターに、3cm幅の浅いまき溝を作り、まく幅を広くして種を多めにまく。ラディッシュと一緒にまくと、ラディッシュの発芽力に便乗してよく発芽する。



A覆 土
ごく薄く覆土し、かまぼこの板などで種を押さえて、新聞紙をかぶせます。新聞紙の上から水やりをします。
ごく薄く覆土し、かまぼこの板などで種を押さえて、新聞紙をかぶせ、新聞紙の上から水やりする。
B間引き・増し土・追肥−1
本葉1〜2枚の頃に混み合っているところを間引き、間引き後、化成肥料を少々ばらまき、株が倒れないように増し土します。
本葉1〜2枚の頃、混み合っているところを間引き、化成肥料を少々与え、増し土する。
C間引き・増し土−2
本葉3〜4枚の頃に株間3〜4cmに間引き、間引き後、株が倒れないように増し土します。
本葉3〜4枚の時、株間3〜4cmに間引き、増し土する。
D間引き・増し土−3
本葉5〜6枚の時に株間10cmくらいに間引き、間引き後、株が倒れないように増し土します。
本葉5〜6枚の時、株間10cmくらいに間引き、増し土する。
E間引き後の増し土
間引き終了後も、にんじん(人参)の首が地上に露出しないように随時増し土をしていきます。
間引き終了後も、にんじん(人参)の首が地上に露出しないように、随時増し土する。
F追肥−2
根が太り始めたら、化成肥料を再び少々ばらまきます。化成肥料の替わりに、水やりを兼ねて週1回液肥を与えてもOKです。
根が太り始めたら、化成肥料を再び少々ばらまく。化成肥料の替わりに、週1回液肥を与えてもOK。
G収 穫
根が肥大したものから順次抜き取って収穫します。三寸にんじんなら種まき後90日くらいで収穫時期になります。
根が肥大したものから順次抜き取って収穫。三寸にんじんなら種まき後90日くらいで収穫時期になる。
豆知識1

にんじん(人参)は、ラディッシュと一緒にまくと、発芽率がよくなります。ラディッシュは、種まき後1か月で収穫でき、にんじん(人参)はその後のびのびと生育し、種まき後2〜3か月で収穫できるようになります。同じプランターから2種類の野菜が収穫できるのは、実に楽しいものです。
豆知識2

にんじん(人参)の葉は普段あまり食べませんが、にんじん(人参)の葉は、実は食べられるのです。にんじん(人参)の葉には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンKが豊富に含まれていて、ガン抑制に効果ありますので、ぜひ利用したいものです。栽培途中で間引いたものも捨てずに利用しましょう。
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
野菜/旬の季節

下の表を参考にして、季節に合った野菜を選んで栽培してみましょう。

果菜類の栽培<果菜類の旬>
インゲン(4〜8月) 10 11 12
エンドウ(4〜6月) 10 11 12
オクラ(7〜9月) 10 11 12
キュウリ(7〜8月) 10 11 12
トマト(6〜8月) 10 11 12
ナス(6〜9月) 10 11 12
ピーマン(6〜8月) 10 11 12

葉茎菜類の栽培<葉茎菜類の旬>
アオジソ(6〜10月) 10 11 12
アシタバ(3〜9月) 10 11 12
エンダイブ(10月〜3月) 10 11 12
コマツナ(12〜2月) 10 11 12
シュンギク(11〜3月) 10 11 12
スープセロリー(3〜4月) 10 11 12
タマネギ(5〜6月、10〜12月) 10 11 12
二ラ(3〜9月) 10 11 12
ニンニク(5〜8月) 10 11 12
葉カラシナ(2〜4月) 10 11 12
パセリ(3〜4月) 10 11 12
ブロッコリー(11月〜1月) 10 11 12
ホウレンソウ(11〜3月) 10 11 12
ミツバ(2〜4月) 10 11 12
芽キャベツ(11〜2月) 10 11 12
モロヘイヤ(7〜8月) 10 11 12
リーフレタス(5〜7月) 10 11 12
ワケギ(12〜3月) 10 11 12

根菜類の栽培
<根菜類の旬>
小カブ(10〜5月) 10 11 12
ジャガイモ(3〜4月、11〜12月) 10 11 12
ショウガ(一年中) 10 11 12
ダイコン(12〜2月) 10 11 12
ニンジン(9〜11月) 10 11 12
葉ゴボウ(3〜7月) 10 11 12
ラディッシュ(11〜6月) 10 11 12
果菜類の
栽培
インゲンの栽培育て方
インゲン
エンドウの栽培育て方
エンドウ
オクラの栽培育て方
オクラ
キュウリの栽培育て方
キュウリ
トマトの栽培育て方
トマト
ナスの栽培育て方
ナス
ピーマンの栽培育て方
ピーマン
葉茎菜類の
栽培
アオジソの栽培育て方
アオジソ
アシタバの栽培育て方
アシタバ
エンダイブの栽培育て方
エンダイブ
コマツナの栽培育て方
コマツナ
シュンギクの栽培育て方
シュンギク
スープセロリの栽培育て方
スープセロリー
タマネギの栽培育て方
タマネギ
ニラの栽培育て方
二ラ
ニンニクの栽培育て方
ニンニク
葉カラシナの栽培育て方
葉カラシナ
パセリの栽培育て方
パセリ
ブロッコリーの栽培育て方
ブロッコリー
ホウレンソウの栽培育て方
ホウレンソウ
ミツバの栽培育て方
ミツバ
芽キャベツの栽培育て方
芽キャベツ
モロヘイヤの栽培育て方
モロヘイヤ
リーフレタスの栽培育て方
リーフレタス
ワケギの栽培育て方
ワケギ
根菜類
栽培
小カブの栽培育て方
小カブ
ジャガイモの栽培育て方
ジャガイモ
ショウガの栽培育て方
ショウガ
ダイコンの栽培育て方
ダイコン
ニンジンの栽培育て方
ニンジン
葉ゴボウの栽培育て方
葉ゴボウ
ラディッシュの栽培育て方
ラディッシュ
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)  11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  15 野菜、家庭菜園  16 植物関係(1)  17 植物関係(2)
 18 その他お役立ち(1)  19 その他お役立ち(2)  20 その他お役立ち(3)
  21 その他お役立ち(4)  
 22 その他お役立ち(5)  23 検索エンジン
                                                このページの一番上へ移動
 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方                    <<前のページ  次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
にんじん の 栽培 育て方
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方