だいこんの栽培育て方|楽しい家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

だいこん栽培育て方

楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方

家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

日本の食生活の中で重要な役割を担っている、おなじみ野菜、だいこん。紀元前より栽培されていた野菜で、世界中に分布しています。
 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方>だいこんの栽培 育て方

  サイトマップ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ


野菜の栽培基礎知識
土作りと
必要な材料・道具


家庭菜園 種のまき方・育苗から収穫まで


家庭菜園 病気・害虫
対策と駆除

 果菜類の栽培
   いんげん
   エンドウ
   おくら
   きゅうり
   トマト
   なす
   ピーマン


 葉茎菜類の栽培
   青じそ
   あしたば
   エンダイブ
   小松菜
   春 菊
   スープセロリー
   たまねぎ
   に ら
   にんにく
   葉からしな
   パセリ
   ブロッコリー
   ほうれん草
   みつば
   芽きゃべつ
   モロヘイヤ
   リーフレタス
   わけぎ


 
菜類の栽培
   コカブ
   じゃがいも
   しょうが
   大 根
   にんじん
   葉ごぼう
   ラディッシュ

 ★お勧めリンク集
  1 ハーブ
  2 ハーブティー、紅茶
  3 アロマテラピー
  4 レシピ・料理(1)
  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ
  7 栄養、サプリメント
  8 ダイエット
  9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜、家庭菜園
 16 植物関係(1)
 17 植物関係(2)


  サイトマップ

  プロフィール

 
★相互リンク大募集



家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ










家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ
を食べる
根菜類
  check 大根だいこん)の 栽培 育て方


            大根だいこん とは

●原産/地中海地方、中央アジア他   ●アブラナ科ダイコン属  ●旬2月〜12月  ●淡色野菜
<概 要>
だいこんはアブラナ科の野菜。主として肥大した根、茎、胚軸を食用とするほか、種子から油が採れます。

原産地は、中海地方や中央アジアなど諸説がありますが、はっきりしません。いずれにしてもだいこんは、最古の野菜の1つで、古代エジプトから食用としていた記録があります。

日本では弥生時代に中国から伝わり、在来種と中国だいこんの交雑で栽培品種が成立しました。日本最古の書物『古事記』にも記載があり、春の七草のひとつ「すずしろ」として親しまれてきました。江戸時代には関東の江戸近郊である板橋・練馬・浦和・三浦半島辺りが特産地となり、その中で練馬大根が特に有名になりました。

現在流通しているものの種類としては、大きく分けて、ヨーロッパ大根、中国大根、日本大根の3つがあります。形状や色も多様で、皮の色は日本に流通する品種に限れば主に白です。しかし海外には赤・緑・紫・黄・黒などの品種もあり、地域によっては白よりも普通になっています。

だいこんは、日本においては品種・調理法とも豊富であり、現代の日本人の食卓(鍋料理・おでん等)には欠かすことのできない野菜となっています。野菜としての位置づけは、カブとの類似性が高いが、薬味や煮込み料理にも使われるなど、利用の幅はより広い。

日当りのよい砂浜などに自生するハマダイコンやノダイコンなどは、野菜のダイコンが逸出したものと考えられ、日本では、福島県の会津盆地や山形県の米沢盆地に、海岸性のハマダイコンとは違った内陸性ダイコンの自生がみられます。


だいこん(青首大根)



練馬大根



赤大根

<栄 養>
根の部分は95%が水分で、ビタミンC、消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれています。ジアスターゼは熱に弱いので、生で食べるのが理想です。根は春から秋にかけてやや辛みが強くなり、秋から冬は甘みが増していきます。

葉の部分は緑黄色野菜で、
カロチンビタミンCカルシウム食物繊維が豊富です。だいこんは全体的にカロリーが少なく、消化を助ける効能も有るため、ダイエット・フードとしても注目されています。

<食材としての大根>
【根】
調理法は、生食として大根おろし、サラダ(春に収穫されるみずみずしい大根を用いることが多い)、繊切りにして刺身のつまなどに使われるほか、浅漬け、おでんやブリ大根などの煮込み料理、味噌汁の具などとして幅広く使われます。

かつては秋に収穫される越冬野菜の典型として、おもに漬物(たくあん、べったら漬け、福神漬け、さくら漬け、いぶりがっこなど)の形で保存され、冬季間の食卓に供されることが多かった。

だいこんは、葉に近いクビの部分は汁が多くて甘く、地に深い先端部分は汁が少なくて辛い。このため、クビの部分は生でサラダに、先端部は大根おろしなど薬味に向きます。

だいこんの乾物は戻して煮物にしたり、漬物、酢の物などに使います。切って干したものは切り干し大根、立て四つに割って干したものは割り干し大根、茹でて干したものはゆで干し大根などと呼びます。

辛味の強い辛味大根は、ざるそば、うどんなどの薬味、付け汁(おしぼり)として用いる。蕎麦処の信州戸隠のものは小ぶりの大根に長い尻尾がついていることからねずみ大根などと呼ばれます。

【葉】
葉の部分はスズシロ(清白)と呼ばれ、春の七草のひとつである。

市販されているだいこんは、ほとんどが葉の部分は捨てられたり、販売の際に葉を切り落とされたりしてしまうが、葉の部分の栄養価は高い。炒め物にして食べると栄養の吸収が良いといわれます。

間引きをしただいこんの苗は、間引き菜(まびきな)と呼ばれ、おひたし、みそ汁の具として用います。時には野菜として、葉の茂ったまだ根の発達しないだいこんが大根菜(だいこんな)の名で販売されることもあります。根と同様に、葉も干して保存性を高めたものを干葉(ひば)といい、緑黄色野菜の少ない季節の貴重な保存食とされました。


大根おろし



大根サラダ


<種 子>

成熟種子は、羅葡子(ライフクシ)という生薬名であり、健胃、去痰作用がある。中国医学では、肥満の薬として有名です。

<栄 養>
葉っぱは、緑黄色野菜の仲間で、ビタミンAB2C、鉄、カルシウム、食物繊維が多く含まれています。根は、でんぷんの消化を促進する分解酵素アミラーゼや、焼き魚のコゲに含まれる発ガン性物質を分解するオキシターゼ、ガン細胞を抑制するリグニンなどの有効成分が含まれています。

<効 能>
食欲増進、消化促進、ガン予防、せき止め、骨粗しょう症予防(葉)、貧血改善(葉)

<食べ方>
煮物、酢の物、炒める、汁の具、鍋物、漬け物、茹でるなど。


出典/ウィキペディア (Wikipedia) フリー百科辞典、野菜辞典



羅葡子(ライフクシ)
 だいこん(大根)<ゆで>の栄養成分

栄養素名 含有量 栄養素名 含有量
根・皮つき 根・皮つき
カロリー(kcal) 18 25 ビタミンE(mg) 0 4.9
水分 (g) 94.6 91.3 ビタミンK (μg) 0 340
たんぱく質 (g) 0.5 2.2 ビタミンB1 (mg) 0.02 0.01
脂質 (g) 0.1 0.1 ビタミンB2 (mg) 0.01 0.06
炭水化物 (g) 4.1 5.4 ナイアシンアミド (mg) 0.3 0.1
灰分 (g) 0.6 0.9 ビタミンB6 (mg) 0.04 0.1
ナトリウム (mg) 19 28 ビタミンB12 (μg) 0 0
カリウム (mg) 230 180 葉酸 (μg) 34 54
カルシウム (mg) 24 220 パントテン酸 (mg) 0.12 0.11
マグネシウム (mg) 10 22 ビタミンC (mg) 12 21
リン (mg) 18 64 飽和脂肪酸 (g) 0.01 0.11
鉄 (mg) 0.2 2.2 一価不飽和脂肪酸 (g) 0 0
亜鉛 (mg) 0.2 0.2 多価不飽和脂肪酸 (g) 0.02 0.03
銅 (mg) 0.02 0.03 コレステロール (mg) 0 0
マンガン (mg) 0.04 0.25 水溶性食物繊維 (g) 0.5 0.8
レチノール (μg) 0 0 不溶性食物繊維 (g) 0.9 2.8
カロチン (μg) 0 4400 食塩相当量 (g) 0 0.1
ビタミンD (μg) 0 0

(注)栄養成分の含有量は、だいこん(大根)の可食部100g当たり。
資料:文部科学省資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用
だいこん(大根)の栽培スケジュール

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
種まき
栽培・管理
←ビニールトンネル
←増し土
日よけ
収 穫
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
だいこん(大根)の栽培・育て方
特 徴

だいこん(大根)の原産地は、地中海沿岸地方と中央アジア、中国東部、西南アジア説があります。


日本でも、地方によって多くの品種が発達しており、大きく6群に分けられます。プランター・ベランダ栽培に向いている品種は、
「聖護院」 「耐病総太り」 「みの早生」 「おはる」 「おしん」 などです。

<生育適温>
生育適温は17〜20℃で冷涼な気候を好みます。耐寒性は強いが暑さに弱いため、関東以南では高冷地を除いた5〜7月まきは病虫害におかされやすく、収穫が難しくなります。

寒さには強い方ですが、晩秋以後の低温は根の太りが悪くなります。低温感応は品種により異なるので、春まきは品種をよく選び、秋まきの場合は遅まきにならないようにしましょう。

<土 壌>
排水のよい砂質土壌が適します。土壌が乾燥すると根の肥大を妨げ、肉質が硬くなってしまいますので、適湿を保つように水やりが大切です。
聖護院
聖護院
耐病総太り
耐病総太り
みの早生
みの早生
おはる
おはる
おしん
おしん
栽 培

@種まき
深さ30cm以上のジャンボプランター、もしくは、大型の市販培養土の袋に培養土を準備し、
20〜25cm間隔に1ヶ所5〜6粒ずつ種をまき(株まき)、5mm覆土します。
だいこん(大根)は、栽培できるpHが広いので苦土石灰などの石灰質資材は使いません。
深さ30cm以上のジャンボプランターか、市販の大型培養土の袋に培養土を準備し、
20〜25cm間隔に1ヶ所5〜6粒ずつ種をまく。5mm覆土し水やりする。
A間引き
双葉が開いたら1ヶ所3本に、本葉2〜3枚の頃2本に、本葉5〜6枚の頃1本にそれぞれ間引きます。(間引きしたもの<間引き菜>も利用できるので、捨てずに使いましょう。)
双葉が開いたら1ヶ所3本に、本葉2〜3枚の頃2本に、本葉5〜6枚の頃1本する。
B追肥と増し土
間引きをするたびに、化成肥料を1株に3〜4g与え、株が倒れないように増し土します。(化成肥料の替わりに、週1回の液肥<ハイライザーや野菜液/500〜800倍>でもよい。)
間引き毎に、化成肥料を1株に3〜4g与え増し土する。(化成肥料の替わりに、週1回の液肥<ハイライザーや野菜液/500〜800倍でもよい。)
C害虫対策
アブラムシその他の害虫がつきやすいので、早めににんにく液などを散布します。
害虫がつきやすいので、早めに、「にんにく液」などを散布。
E水やり
土が乾燥すると、大根にスが入る原因になるので、適湿を保つように水やりをします。
土が乾燥すると、大根にスが入る原因になるので、適湿を保つように水やりする。
E収 穫−1
スが入らないうちに早めに収穫します。
スが入らないうちに早めに収穫。
間引き菜
間引きしたものを間引き菜といいますが、間引き菜も利用できるので、捨てずに使いましょう。
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
野菜/旬の季節

下の表を参考にして、季節に合った野菜を選んで栽培してみましょう。

果菜類の栽培<果菜類の旬>
インゲン(4〜8月) 10 11 12
エンドウ(4〜6月) 10 11 12
オクラ(7〜9月) 10 11 12
キュウリ(7〜8月) 10 11 12
トマト(6〜8月) 10 11 12
ナス(6〜9月) 10 11 12
ピーマン(6〜8月) 10 11 12

葉茎菜類の栽培<葉茎菜類の旬>
アオジソ(6〜10月) 10 11 12
アシタバ(3〜9月) 10 11 12
エンダイブ(10月〜3月) 10 11 12
コマツナ(12〜2月) 10 11 12
シュンギク(11〜3月) 10 11 12
スープセロリー(3〜4月) 10 11 12
タマネギ(5〜6月、10〜12月) 10 11 12
二ラ(3〜9月) 10 11 12
ニンニク(5〜8月) 10 11 12
葉カラシナ(2〜4月) 10 11 12
パセリ(3〜4月) 10 11 12
ブロッコリー(11月〜1月) 10 11 12
ホウレンソウ(11〜3月) 10 11 12
ミツバ(2〜4月) 10 11 12
芽キャベツ(11〜2月) 10 11 12
モロヘイヤ(7〜8月) 10 11 12
リーフレタス(5〜7月) 10 11 12
ワケギ(12〜3月) 10 11 12

根菜類の栽培
<根菜類の旬>
小カブ(10〜5月) 10 11 12
ジャガイモ(3〜4月、11〜12月) 10 11 12
ショウガ(一年中) 10 11 12
ダイコン(12〜2月) 10 11 12
ニンジン(9〜11月) 10 11 12
葉ゴボウ(3〜7月) 10 11 12
ラディッシュ(11〜6月) 10 11 12
果菜類の
栽培
インゲンの栽培育て方
インゲン
エンドウの栽培育て方
エンドウ
オクラの栽培育て方
オクラ
キュウリの栽培育て方
キュウリ
トマトの栽培育て方
トマト
ナスの栽培育て方
ナス
ピーマンの栽培育て方
ピーマン
葉茎菜類の
栽培
アオジソの栽培育て方
アオジソ
アシタバの栽培育て方
アシタバ
エンダイブの栽培育て方
エンダイブ
コマツナの栽培育て方
コマツナ
シュンギクの栽培育て方
シュンギク
スープセロリの栽培育て方
スープセロリー
タマネギの栽培育て方
タマネギ
ニラの栽培育て方
二ラ
ニンニクの栽培育て方
ニンニク
葉カラシナの栽培育て方
葉カラシナ
パセリの栽培育て方
パセリ
ブロッコリーの栽培育て方
ブロッコリー
ホウレンソウの栽培育て方
ホウレンソウ
ミツバの栽培育て方
ミツバ
芽キャベツの栽培育て方
芽キャベツ
モロヘイヤの栽培育て方
モロヘイヤ
リーフレタスの栽培育て方
リーフレタス
ワケギの栽培育て方
ワケギ
根菜類
栽培
小カブの栽培育て方
小カブ
ジャガイモの栽培育て方
ジャガイモ
ショウガの栽培育て方
ショウガ
ダイコンの栽培育て方
ダイコン
ニンジンの栽培育て方
ニンジン
葉ゴボウの栽培育て方
葉ゴボウ
ラディッシュの栽培育て方
ラディッシュ
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)  11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  15 野菜・家庭菜園(1)  16 野菜・家庭菜園(2)
17 植物関係(1)  18 植物関係(2)
                                                このページの一番上へ移動
 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方                    <<前のページ  次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
だいこん の 栽培 育て方
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方