じゃがいもの栽培育て方|楽しい家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

じゃがいもの栽培育て方

楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
じゃがいもジャガイモの原産地は、南米アンデス山系の高原で、栽培の歴史は古い。熱を加えてもビタミンCの残存率の高い野菜です。

家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方>じゃがいもの栽培 育て方

  サイトマップ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ


野菜の栽培基礎知識
土作りと
必要な材料・道具


家庭菜園 種のまき方・育苗から収穫まで


家庭菜園 病気・害虫
対策と駆除

 果菜類の栽培
   いんげん
   エンドウ
   おくら
   きゅうり
   トマト
   なす
   ピーマン


 葉茎菜類の栽培
   青じそ
   あしたば
   エンダイブ
   小松菜
   春 菊
   スープセロリー
   たまねぎ
   に ら
   にんにく
   葉からしな
   パセリ
   ブロッコリー
   ほうれん草
   みつば
   芽きゃべつ
   モロヘイヤ
   リーフレタス
   わけぎ


 
菜類の栽培
   コカブ
   じゃがいも
   しょうが
   大 根
   にんじん
   葉ごぼう
   ラディッシュ

 ★お勧めリンク集
  1 ハーブ
  2 ハーブティー、紅茶
  3 アロマテラピー
  4 レシピ・料理(1)
  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ
  7 栄養、サプリメント
  8 ダイエット
  9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜、家庭菜園
 16 植物関係(1)
 17 植物関係(2)

  サイトマップ

  プロフィール

 
★相互リンク大募集




家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ











家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ
を食べる
根菜類
  check じゃがいも の 栽培 育て方


          じゃがいも とは

●原産/南米アンデス山脈   ●ナス科ナス属  ●旬10月〜5月  ●いも類
<概 要>
じゃがいもは、ナス科ナス属の植物。地下の茎の部分(塊茎)を食用にします。カリウムを多く含み加熱調理して食べられるほか、デンプンの原料としても利用されます。

比較的保存がきく食材ですが、暗くても温度の高いところに保存すると発芽しやすいため、涼しい場所での保管が望まれます。芽や緑化した塊茎には毒性成分ポテトグリコアルカロイド(ソラニンなど)が多く含まれ中毒の元になります。

南米アンデス山脈の高地が原産といわれ、16世紀、スペイン人によりヨーロッパにもたらされ、日本には、1600年年ごろにオランダ船によりジャカルタ港より長崎に運ばれました。本格的な栽培が始まったのは明治以降で、北海道の開拓とともにアメリカから多くの品種が輸入され、現在に至っています。

日本では現在、男爵薯(だんしゃくいも)、メークインの二大品種が広く栽培されています。北海道が最大の生産地で、夏の終わりから秋にかけて収穫されます。九州の長崎では、冬に植え付けて春に出荷します。

男爵イモ
男爵いも
男爵いもは球形で果肉は白く、
ホクホクとした「粉質」。粉ふきいもや
マッシュポテトに向いています。

<歴 史>
じゃがいもはペルー南部に位置するチチカカ湖の畔が発祥とされ、じゃがいもがヨーロッパ大陸に伝えられたのは、15世紀から16世紀頃とされています。

しかし、具体的に「いつ」「誰が」伝えたのかについてはっきりとした資料は残っておらず、さらに1600年頃になるとスペインからヨーロッパ諸国に伝播しますが、この伝播方法にも諸説があり、はっきりとは判明していません。

じゃがいもは18世紀にはアメリカへ渡り、アメリカ独立戦争における兵士たちの胃袋を満たす貴重な食料源となりました。16世紀に南米からヨーロッパにもたらされたじゃがいもは、当初、なかなか受け入れられませんでしたが、寒冷地にも強く、年に複数回の栽培が可能で、イモが地中に作られることから鳥害にも影響されないため、庶民の食料として爆発的な普及を見せました。

アダム・スミスは『国富論』において「小麦の三倍の生産量がある」と評価しており、瞬く間に麦、米、トウモロコシに並ぶ「世界四大作物」としてその地位を確立しました。

当初、なかなか受け入れらないじゃがいもでしたが、ヨーロッパで栽培される主要な作物よりも寒冷な気候に耐えること、痩せている土地でも育つこと、作付面積当たりの収量も大きいことから、17世紀にヨーロッパ各地で飢饉が起こると、各国の王は寒さに強いじゃがいもの栽培を広め、とくに冷涼で農業に不適とされたアイルランドや北ドイツから東欧、北欧では食文化を変えるほど普及しました。

また、西洋のみならずアメリカ合衆国など北米地域や日本など、アジア地域にも普及し、じゃがいもが飢餓から救った人口は計り知れないといわれています。

2005
年には、じゃがいもの原産地の一つであるペルーが、国連食糧農業機関(FAO)に提案した「国際イモ年(IYP International Year of Potato)」が認められ、2008年を、じゃがいも栽培8000年を記念する「国際イモ年」としてFAOなどがじゃがいものいっそうの普及と啓発を各国に働きかけることになりました。


メークイン
メークイン
メークイン細長い卵型をしており、
果肉は淡い黄色できめが細かい。
ねっとりとした「粘質」の代表品種で、
煮くずれがすくなく、煮物向きです。

  「粉質」と「粘質」
 料理に合わせて品種を
    選ぼう

日本では、男爵いもとメークインの二大品種が広く栽培されています。男爵いもは、食感がホクホクした「粉質」の代表品種で、メークインは、食感がねっとりした「粘質」の代表品種。男爵いもとメークイン以外にも、品種はたくさんあり、「粉質」か「粘質」か、どんな料理に合うかなどの特性を理解しじゃがいもを選び、おいしく料理しましょう。

  じゃがいもは何科の
    仲間?

じゃがいもは何科の植物か?答えはナス科で、トマトやなすの仲間です。研究者の中には、トマトとじゃがいもを融合させた夢の野菜、『ポマト』を生み出そうとした人もいましたが、今のところ成功していません。

 じゃがいもは、根?茎?
正確にはじゃがいもは、根では
なく、茎です。

じゃがいもは、まさに主食にもなる野菜として、世界中で栽培される主要野菜です。
<生 産>

国際連合食糧農業機関 (FAO) の統計資料 (FAOSTAT) によると、2005年の全世界におけるじゃがいもの生産量は2310万トンであり、主食となるイモ類ではもっとも生産量が多い。

生産地域は大陸別ではアジアとヨーロッパが割ずつを占め、インドを除くといずれも中緯度から高緯度北部に分布します。上位カ国で全生産量の54%を占め、日本の生産量は275万トンです(世界シェア0.85%)。農林水産省の統計資料 [27]による平成20年度の都道府県別生産高では、北海道が約213万トンと全国の割近くを占めます。

じゃがいも(ジャガイモ)は、生食用、加工用、デンプン原料用の種類に大別されます。じゃがいもの「生食用」とは、家庭や飲食店での調理利用を指しており、通常、加熱して食べます。加工用としては、ポテトサラダ、ポテトチップス、フライドポテト、冷凍食品(コロッケなど)があり、澱粉は、いわゆる片栗粉であり、インスタント麺などの原料にもなります。

<でん粉採取>
じゃがいもは、そのものを調理に使うだけでなく、豊富に含まれるデンプンを抽出して片栗粉として販売されています。(片栗粉は本来はカタクリのデンプンを粉にしたものであるが、現在市場に出回っている片栗粉のほとんどはじゃがいものデンプンである)。

<栄 養>
じゃがいもは
デンプン質だけでなく、ビタミンB1や、ビタミンCも豊富で、フランスでは「大地のリンゴ(pomme de terre:ポム・ド・テール)」と呼ばれる。

じゃがいも(ジャガイモ)のビタミンCはデンプンに保護されるため加熱による崩壊が少ないという。

<主な品種>
日本では、82品種が品種登録されています。

男爵薯(だんしゃくいも)
<全国的に春作用>
明治時代に川田龍吉(かわだ・りょうきち)男爵がイギリスから持ち込んで日本に定着させた品種という説の他に、アメリカからとする説もあります。デンプンが多くホクホクした食感があるが、煮くずれしやすい。このため、粉吹き芋やマッシュトポテト、コロッケなど潰してから使う料理に適しています。芽の部分が大きく窪んでおり、でこぼこした形状なので皮をむきにくい。主に、東日本で主流の品種。

メークイン<北海道の夏作用>
大正時代にイギリスから日本に持ち込まれた品種。男爵イモよりもねっとりしていて、煮くずれしにくい。このため、カレーやシチュー、肉じゃがなど、煮て調理する料理に適している。男爵薯に比べて長い形状で、でこぼこもそれほどひどくなく、皮はむきやすい。主に西日本での消費が多い。世界的に見ても、特に日本で人気がある種。

キタアカリ
男爵薯を母親として、線虫抵抗性を持たせるよう農林水産省北海道農業試験場(現:北海道農業研究センター)で品種改良したもの。カロテンやビタミンCの含有量が多い。男爵薯同様、粉吹き芋やマッシュドポテトに適している。黄色が強めである。

とうや
内部が黄色く、カロテンやビタミンCの含有量が多い。口当たりがなめらかで、ポテトサラダに適している。黄爵(こうしゃく)と呼ばれる。

ワセシロ<全国的に春作用>
通称、「新じゃがいも」「伯爵」。新じゃがポテトチップの材料として使用される。


農林1号<全国的に春・秋作兼用>
ウンゼン<西南暖地春・秋作兼用>
タチバナ<西南暖地春・秋作兼用>

男爵イモ
男爵イモ



メークイン
メークイン



キタアカリ
キタアカリ



とうや
とうや



ワセシロ
ワセシロ



農林1号
農林1号

<栄養価>
ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維、たんぱく質、カリウム

<効 能>
肥満予防、ストレス解消、高血圧予防、腎臓病予防、便秘予防、下痢予防、胃潰瘍治療効果、十二指腸潰瘍治療効果

<料理・食べ方>
日本では、肉じゃがや粉吹き芋、ポテトサラダ、じゃがバター、いももちなど、じゃがいもを主な食材とする料理がある他、カレー、シチュー、グラタン、おでん、味噌汁などの具にも広く用いられます。

単に茹でたじゃがいもに、バターや塩をかけて食べるだけでも美味しい。フライドポテト、マッシュポテト、ベークドポテト、ビシソワーズ、ポテトのスープ、コロッケなど、欧米ではじゃがいも(ジャガイモ)を主体とした料理が多くあり、主食としての食べ方をする場合もあります。

他に、じゃがいもが欠かせない料理としては、アイリッシュシチュー、トルティージャなどがあります。電気炊飯器でご飯を炊くときに、落とし蓋を入れてその上にじゃがいもを置いておくと、手間をかけずに茹でることができます。


出典/ウィキペディア (Wikipedia) フリー百科辞典、野菜辞典




肉じゃが
肉じゃが




ポテトサラダ
ポテトサラダ
                ジャガイモ の栄養成分


栄養素名 含有量 栄養素名 含有量
蒸し 水煮 蒸し 水煮
カロリー(kcal) 84 73 ビタミンE (mg) 0.1 0.1
水分 (g) 78.1 81 ビタミンK (μg) 0 0
たんぱく質 (g) 1.5 1.5 ビタミンB1 (mg) 0.05 0.06
脂質 (g) 0.1 0.1 ビタミンB2 (mg) 0.02 0.03
炭水化物 (g) 19.7 16.8 ナイアシンアミド (mg) 0.8 0.8
灰分 (g) 0.6 0.6 ビタミンB6 (mg) 0.18 0.18
ナトリウム (mg) 1 1 ビタミンB12 (μg) 0 0
カリウム (mg) 330 340 葉酸 (μg) 22 18
カルシウム (mg) 2 2 パントテン酸 (mg) 0.52 0.37
マグネシウム (mg) 20 18 ビタミンC (mg) 15 21
リン (mg) 23 25 飽和脂肪酸 (g) 0.01 0.01
鉄 (mg) 0.3 0.4 一価不飽和脂肪酸 (g) 0 0
亜鉛 (mg) 0.2 0.2 多価不飽和脂肪酸 (g) 0.02 0.02
銅 (mg) 0.08 0.08 コレステロール (mg) 0 0
マンガン (mg) 0.13 0.1 水溶性食物繊維 (g) 0.6 0.5
レチノール (μg) 0 0 不溶性食物繊維 (g) 1.2 1.1
カロチン (μg) 0 0 食塩相当量 (g) 0
ビタミンD (μg) 0 0

(注)栄養成分の含有量は、ジャガイモの可食部100g当たり。
資料:文部科学省資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用
 
ジャガイモ の一般的な栽培スケジュール

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え付け
栽培管理
芽かき・増し土 芽かき・増し土
追肥 追肥
収 穫
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
じゃがいも の 栽培・育て方
特 徴

<生育適温>
生育適温は15〜20℃で冷涼な気候を好みます。17℃くらいでイモはよく肥大しますが、高温になるに連れてイモの肥りが悪くなり、30℃では肥大しません。

地上部の茎葉は、霜にあうと枯れてしまいます。長日下(日の長い時期)に茎葉の生育もイモの発育もよくなります。

<種イモ>
イモの収穫後2〜4か月は自発的休眠期で萌芽しません。種イモとして植え付けるのは、休眠期が過ぎた2芽期のイモを利用します。


<土 壌>
土壌は有機物が多く、排水性、通気性のよいpH5.5〜6.5の弱酸性から微酸性の土が適しています。
栽 培

@
種イモの切り方

種イモは園芸店で売られています。1片に2〜4個の芽がつくように40〜60gの大きさに切ります。(種イモは休眠期が過ぎた2芽期のものがよい。)
種イモを40〜60gの大きさに切り、日なたに1日干して切り口を乾かす。


A
植え付け

切り口を日光に当てて乾かした種イモを、深さ30cmくらいのプランターなどの容器に30cm間隔に植え、5cm覆土します。霜よけのために上に落ち葉などを厚く載せます。
深さ30cmくらいの容器に30cm間隔に植え、5cm覆土する。霜よけのために上に落ち葉などを厚く載せる。
B間引き
芽が8〜10cmくらいに伸びたら、生長の良い芽を1〜2本だけ残し、他は全部引き抜きます。
●生長の良い芽を1〜2本だけ残し、他は全部引き抜く。残す芽の株元をしっかり押さえて、いらない芽を横に倒すようにして引き抜く。
C追肥と増し土(1回目)
間引き後すぐに、化成肥料を1株に20gずつ施します。また、残した芽が倒れないように根元に増し土(1回目)をします。
間引き後すぐ、化成肥料を1株に20gずつ施し、芽が倒れないように根元に1回目の増し土をする。
D追肥と増し土(2回目)
茎葉に花の蕾(つぼみ)が見え始めたら、再び、化成肥料を1株に20gずつ施します。そして、2回目の増し土をしてイモの露出を防ぎます。
茎葉に花の蕾が見え始めたら、再び、化成肥料を1株に20gずつ施し、2回目の増し土をしてイモの露出を防ぐ。
E収 穫
茎葉が黄色くなり、半分以上枯れたら掘って収穫します。早すぎるとイモが小さく、収量も少なくなります。
茎葉が黄色くなり、半分以上枯れたら掘って収穫する。
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
野菜/旬の季節

下の表を参考にして、季節に合った野菜を選んで栽培してみましょう。

果菜類の栽培<果菜類の旬>
インゲン(4〜8月) 10 11 12
エンドウ(4〜6月) 10 11 12
オクラ(7〜9月) 10 11 12
キュウリ(7〜8月) 10 11 12
トマト(6〜8月) 10 11 12
ナス(6〜9月) 10 11 12
ピーマン(6〜8月) 10 11 12

葉茎菜類の栽培<葉茎菜類の旬>
アオジソ(6〜10月) 10 11 12
アシタバ(3〜9月) 10 11 12
エンダイブ(10月〜3月) 10 11 12
コマツナ(12〜2月) 10 11 12
シュンギク(11〜3月) 10 11 12
スープセロリー(3〜4月) 10 11 12
タマネギ(5〜6月、10〜12月) 10 11 12
二ラ(3〜9月) 10 11 12
ニンニク(5〜8月) 10 11 12
葉カラシナ(2〜4月) 10 11 12
パセリ(3〜4月) 10 11 12
ブロッコリー(11月〜1月) 10 11 12
ホウレンソウ(11〜3月) 10 11 12
ミツバ(2〜4月) 10 11 12
芽キャベツ(11〜2月) 10 11 12
モロヘイヤ(7〜8月) 10 11 12
リーフレタス(5〜7月) 10 11 12
ワケギ(12〜3月) 10 11 12

根菜類の栽培
<根菜類の旬>
小カブ(10〜5月) 10 11 12
ジャガイモ(3〜4月、11〜12月) 10 11 12
ショウガ(一年中) 10 11 12
ダイコン(12〜2月) 10 11 12
ニンジン(9〜11月) 10 11 12
葉ゴボウ(3〜7月) 10 11 12
ラディッシュ(11〜6月) 10 11 12
果菜類の
栽培
インゲンの栽培育て方
インゲン
エンドウの栽培育て方
エンドウ
オクラの栽培育て方
オクラ
キュウリの栽培育て方
キュウリ
トマトの栽培育て方
トマト
ナスの栽培育て方
ナス
ピーマンの栽培育て方
ピーマン
葉茎菜類の
栽培
アオジソの栽培育て方
アオジソ
アシタバの栽培育て方
アシタバ
エンダイブの栽培育て方
エンダイブ
コマツナの栽培育て方
コマツナ
シュンギクの栽培育て方
シュンギク
スープセロリの栽培育て方
スープセロリー
タマネギの栽培育て方
タマネギ
ニラの栽培育て方
二ラ
ニンニクの栽培育て方
ニンニク
葉カラシナの栽培育て方
葉カラシナ
パセリの栽培育て方
パセリ
ブロッコリーの栽培育て方
ブロッコリー
ホウレンソウの栽培育て方
ホウレンソウ
ミツバの栽培育て方
ミツバ
芽キャベツの栽培育て方
芽キャベツ
モロヘイヤの栽培育て方
モロヘイヤ
リーフレタスの栽培育て方
リーフレタス
ワケギの栽培育て方
ワケギ
根菜類
栽培
小カブの栽培育て方
小カブ
ジャガイモの栽培育て方
ジャガイモ
ショウガの栽培育て方
ショウガ
ダイコンの栽培育て方
ダイコン
ニンジンの栽培育て方
ニンジン
葉ゴボウの栽培育て方
葉ゴボウ
ラディッシュの栽培育て方
ラディッシュ
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)  11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  15 野菜・家庭菜園(1)  16 野菜・家庭菜園(2)
17 植物関係(1)  18 植物関係(2)
                                                このページの一番上へ移動
 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方                    <<前のページ  次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
じゃがいも の 栽培 育て方
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方