ミツバの栽培育て方|楽しい家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

ミツバの栽培育て方

楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
ミツバは、日本原産の香り野菜です。茎が白くて長い切りミツバ、根の付いた根ミツバ、茎が長く細い青ミツバがあります。

家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方>ミツバ・三つ葉の栽培 育て方

  サイトマップ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ


野菜の栽培基礎知識
土作りと
必要な材料・道具


家庭菜園 種のまき方・育苗から収穫まで


家庭菜園 病気・害虫
対策と駆除

 果菜類の栽培
   いんげん
   エンドウ
   おくら
   きゅうり
   トマト
   なす
   ピーマン


 葉茎菜類の栽培
   青じそ
   あしたば
   エンダイブ
   小松菜
   春 菊
   スープセロリー
   たまねぎ
   に ら
   にんにく
   葉からしな
   パセリ
   ブロッコリー
   ほうれん草
   みつば
   芽きゃべつ
   モロヘイヤ
   リーフレタス
   わけぎ


 
菜類の栽培
   コカブ
   じゃがいも
   しょうが
   大 根
   にんじん
   葉ごぼう
   ラディッシュ

 ★お勧めリンク集
  1 ハーブ
  2 ハーブティー、紅茶
  3 アロマテラピー
  4 レシピ・料理(1)
  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ
  7 栄養、サプリメント
  8 ダイエット
  9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜、家庭菜園
 16 植物関係(1)
 17 植物関係(2)

  サイトマップ
  プロフィール

 
★相互リンク大募集




家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ
葉を食べる
葉茎菜類
     check ミツバ の 栽培 育て方


             ミツバ とは

●原産/日本  ●セリ科ミツバ属  ●旬/12月〜2月  ●緑黄色野菜  

<歴 史>
ミツバは、日本など東アジアに広く自生するセリ科の多年草で、別名ミツバゼリ。1本の茎に3枚ずつ葉がつくことが、この名の由来です。食用としているのは日本と中国だけです。

日本原産で、本州〜四国・九州の山地の日陰に広く自生しています。草丈は、40cmほどで、月に枚の花弁からなる白い小さな花を咲かせます。葉は互生し、3枚からなる複葉です。葉の形状は卵形で先が細く尖り、縁にはぎざぎざとした重鋸歯があります。(●互生・・・植物の葉が、茎の一つの節に1枚ずつ方向をたがえてつくこと。)

日本では、野草として古くから食用にしてきましたが、本格的に栽培されるようになったのは江戸時代からです。シャキッとして歯ごたえとさわやかな香りは、伝統の日本料理を引き立てる名傍役です。

主にハウス水耕栽培したものが年中出荷されており、茎と葉を食用とします。さわやかな香りが特徴の香味野菜(ハーブ)で、β-カロテンを多く含む緑黄色野菜です。山菜としては春から初夏が旬。

農家では、山椒・ミョウガとならび、果樹園・裏庭・屋敷林の木陰に薬味として育てます。おひたしや和え物とするほか、吸い物や鍋物、丼物の具として広く利用します。

三つ葉
ミツバ


三つ葉のおひたし
ミツバのおひたし

<栄養価>
葉には、カロテンビタミンCなどが比較的多く含まれています。香りが命の野菜なので新鮮なうちに使い切るのが大切です。

<効 能>
美容、ストレス、精神安定、イライラ。

ミツバ<三つ葉>の独特の香りは、
クリプトテーネンという成分で、神経を沈めたり、ストレスを改善したりする効果が期待できます。緑色の葉の部分にはビタミンAが含まれており、美肌や、視力にもよいと言われています。

出典/ウィキペディア (Wikipedia) フリー百科辞典、野菜辞典


ミツバ(青三つ葉) の栄養成分

栄養素名 含有量 栄養素名 含有量
葉・生 葉・ゆで 葉・生 葉・ゆで
カロリー(kcal) 13 17 ビタミンE (mg) 0.9 1.3
水分 (g) 94.6 93.7 ビタミンK (μg) 220 250
たんぱく質 (g) 0.9 1.1 ビタミンB1 (mg) 0.04 0.02
脂質 (g) 0.1 0 ビタミンB2 (mg) 0.14 0.08
炭水化物 (g) 2.9 4 ナイアシンアミド (mg) 0.7 0.4
灰分 (g) 1.2 0.9 ビタミンB6 (mg) 0.06 0.03
ナトリウム (mg) 3 3 ビタミンB12 (μg) 0 0
カリウム (mg) 500 360 葉酸 (μg) 64 23
カルシウム (mg) 47 56 パントテン酸 (mg) 0.3 0.22
マグネシウム (mg) 21 18 ビタミンC (mg) 13 4
リン (mg) 47 39 飽和脂肪酸 (g) 0 0
鉄 (mg) 0.9 0.6 一価不飽和脂肪酸 (g) 0 0
亜鉛 (mg) 0.1 0.1 多価不飽和脂肪酸 (g) 0 0
銅 (mg) 0.02 0.02 コレステロール (mg) 0 0
マンガン (mg) 0.42 0.48 水溶性食物繊維 (g) 0.3 0.4
レチノール (μg) 0 0 不溶性食物繊維 (g) 2 2.6
カロチン (μg) 3200
4100 食塩相当量 (g) 0 0
ビタミンD (μg) 0 0

(注)栄養成分の含有量は、青三つ葉の可食部100g当たり。
資料:科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用
ミツバ<三つ葉>の一般的な栽培スケジュール

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
種まき
栽培管理
追肥
防寒 日よけ 防寒
増し土
収 穫
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
ミツバ<三つ葉>の栽培・育て方
特 徴


<種 類>
栽培方法の違いによって、次の3種に分類できます。

キリミツバ 「切り三つ葉」
日の当たらない環境で栽培し、茎を軟化させて長く伸ばしたミツバで。、主に関東地方で生産されるもので、秋から冬に出回ります。

アオミツバ 「青三つ葉」
あまり日の当たらない露地栽培で白く育てたミツバで、主に関西地方で年間を通して栽培されています。ミツバ独特の香りが一番良いのがアオミツバとされています。

ネミツバ 「根三つ葉」
日の当たらない環境のもとで穴倉や溝などで栽培し、根株ごと軟化させたミツバで、日本各地で年間を通して栽培されています。
ネミツバが一番多くビタミンを含んでいます。


ネミツバ<根三つ葉>は、通常の栽培のように日に当てて栽培すると、しっかりした歯ごたえのミツバになります。

一番栽培しやすいのは、アオミツバ<青三つ葉>です。



<生育適温>

生育適温は10〜20℃で、冷涼な気候を好みますが、乾燥と寒さには弱く、霜にあうと地上部は枯れてしまいます。ある程度大きくなった株は、低温によって花芽ができ、初夏(5〜7月)にはとう立ちして開花します。

真夏はプランターを日かげ、または日かげに移動させるか、日よけをします。半日かげでよく育ちます。


<種>
種は好光性なので、厚く覆土してしまうと、発芽しにくくなります。
栽培・育て方
@種の処理
種は一晩水につけ後、紙の上に広げて生乾きにします。
種一晩水につけ後、生乾きにする。
A種まき−1
深さ15cm位のプランターに用土を入れ、5cm間隔で、幅1.5cm深さ5mmくらいのまき溝を作り、@で処理した種をすじまきにします。
5cm間隔で、幅1.5cm深さ5mmくらいのまき溝を作り、種をすじまきする。
B種まき−2
好光性の種のため覆土はしません。上から軽く押さえて、乾燥を防ぐため新聞紙をかけ、新聞紙の上から水やりをします。新聞紙は、発芽したらすぐはずします。

覆土はせず、上から押さえて、新聞紙をかけ、新聞紙の上から水やりをする。発芽したら、新聞紙はすぐはずす。
野菜培養土作りにおける苦土石灰の使い方
苦土石灰は、酸性土壌を中和して、pHを調整するために用います。市販の野菜培養土を使用する場合は、すでにpHが調整されているケースが多いので、その場合は苦土石灰を混入する必要はありません。自作で培養土を作ったり、市販の培養土でもpHが調整されていな場合は、苦土石灰を使って培養土を中和する必要があります。よく確認した上で苦土石灰を使いましょう。
C水やり
朝夕2回水やりをします。
D間引き
双葉が開いたら、間引いて、株間が2〜3cmになるようにします。
双葉が開いたら、株間が2〜3cmになるように間引く。
E追 肥
間引き後、10日に1回、水やりを兼ねて液肥を与えます。(液肥はハイライザーまたは野菜液/1000倍)
間引き後、10日に1回、水やりを兼ねて液肥を与える。
F管 理
夏場は、黒の寒冷紗を掛けるか、涼しい日陰に移動し、株まわりに腐葉土を敷き詰めてマルチングします。
冬場は、日当たりのよい暖かい所か室内に移動します。

夏場は、黒の寒冷紗を掛けるか、涼しい日陰に移動し、株まわりに腐葉土を敷きマルチング。冬場は、日当たりのよい暖かい所か室内に移動。
G収 穫
草丈15cmくらいに成長したところで、地際から刈り取って収穫します。地際から刈り取ると、新芽が再生してくるので何回も利用します。
草丈15cmで地際から刈り取って収穫。
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
野菜/旬の季節

下の表を参考にして、季節に合った野菜を選んで栽培してみましょう。

果菜類の栽培<果菜類の旬>
インゲン(4〜8月) 10 11 12
エンドウ(4〜6月) 10 11 12
オクラ(7〜9月) 10 11 12
キュウリ(7〜8月) 10 11 12
トマト(6〜8月) 10 11 12
ナス(6〜9月) 10 11 12
ピーマン(6〜8月) 10 11 12

葉茎菜類の栽培<葉茎菜類の旬>
アオジソ(6〜10月) 10 11 12
アシタバ(3〜9月) 10 11 12
エンダイブ(10月〜3月) 10 11 12
コマツナ(12〜2月) 10 11 12
シュンギク(11〜3月) 10 11 12
スープセロリー(3〜4月) 10 11 12
タマネギ(5〜6月、10〜12月) 10 11 12
二ラ(3〜9月) 10 11 12
ニンニク(5〜8月) 10 11 12
葉カラシナ(2〜4月) 10 11 12
パセリ(3〜4月) 10 11 12
ブロッコリー(11月〜1月) 10 11 12
ホウレンソウ(11〜3月) 10 11 12
ミツバ(2〜4月) 10 11 12
芽キャベツ(11〜2月) 10 11 12
モロヘイヤ(7〜8月) 10 11 12
リーフレタス(5〜7月) 10 11 12
ワケギ(12〜3月) 10 11 12

根菜類の栽培
<根菜類の旬>
小カブ(10〜5月) 10 11 12
ジャガイモ(3〜4月、11〜12月) 10 11 12
ショウガ(一年中) 10 11 12
ダイコン(12〜2月) 10 11 12
ニンジン(9〜11月) 10 11 12
葉ゴボウ(3〜7月) 10 11 12
ラディッシュ(11〜6月) 10 11 12
果菜類の
栽培
インゲンの栽培育て方
インゲン
エンドウの栽培育て方
エンドウ
オクラの栽培育て方
オクラ
キュウリの栽培育て方
キュウリ
トマトの栽培育て方
トマト
ナスの栽培育て方
ナス
ピーマンの栽培育て方
ピーマン
葉茎菜類の
栽培
アオジソの栽培育て方
アオジソ
アシタバの栽培育て方
アシタバ
エンダイブの栽培育て方
エンダイブ
コマツナの栽培育て方
コマツナ
シュンギクの栽培育て方
シュンギク
スープセロリの栽培育て方
スープセロリー
タマネギの栽培育て方
タマネギ
ニラの栽培育て方
二ラ
ニンニクの栽培育て方
ニンニク
葉カラシナの栽培育て方
葉カラシナ
パセリの栽培育て方
パセリ
ブロッコリーの栽培育て方
ブロッコリー
ホウレンソウの栽培育て方
ホウレンソウ
ミツバの栽培育て方
ミツバ
芽キャベツの栽培育て方
芽キャベツ
モロヘイヤの栽培育て方
モロヘイヤ
リーフレタスの栽培育て方
リーフレタス
ワケギの栽培育て方
ワケギ
根菜類
栽培
小カブの栽培育て方
小カブ
ジャガイモの栽培育て方
ジャガイモ
ショウガの栽培育て方
ショウガ
ダイコンの栽培育て方
ダイコン
ニンジンの栽培育て方
ニンジン
葉ゴボウの栽培育て方
葉ゴボウ
ラディッシュの栽培育て方
ラディッシュ
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)  11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  15 野菜・家庭菜園(1)  16 野菜・家庭菜園(2)
17 植物関係(1)  18 植物関係(2)
                                                このページの一番上へ移動
 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方                    <<前のページ  次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
ミツバ<三つ葉> の 栽培 育て方
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方