春菊の栽培育て方|楽しい家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

春菊の栽培育て方

楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
春菊の原産地は地中海沿岸。春に花を咲かせ、葉の形が菊に似ていることから春菊と呼ばれます。特有の香りと風味を持ち、鍋物、おひたし、油炒め、天ぷらなどに広く利用されます。

家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方>春菊(しゅんぎく)の栽培 育て方

  サイトマップ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ


野菜の栽培基礎知識
土作りと
必要な材料・道具


家庭菜園 種のまき方・育苗から収穫まで


家庭菜園 病気・害虫
対策と駆除

 果菜類の栽培
   いんげん
   エンドウ
   おくら
   きゅうり
   トマト
   なす
   ピーマン


 葉茎菜類の栽培
   青じそ
   あしたば
   エンダイブ
   小松菜
   春 菊
   スープセロリー
   たまねぎ
   に ら
   にんにく
   葉からしな
   パセリ
   ブロッコリー
   ほうれん草
   みつば
   芽きゃべつ
   モロヘイヤ
   リーフレタス
   わけぎ


 
菜類の栽培
   コカブ
   じゃがいも
   しょうが
   大 根
   にんじん
   葉ごぼう
   ラディッシュ

 ★お勧めリンク集
  1 ハーブ
  2 ハーブティー、紅茶
  3 アロマテラピー
  4 レシピ・料理(1)
  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ
  7 栄養、サプリメント
  8 ダイエット
  9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜、家庭菜園
 16 植物関係(1)
 17 植物関係(2)

  サイトマップ

  プロフィール

 
★相互リンク大募集


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ
葉を食べる
葉茎菜類
  check 春 菊(しゅんぎく)の栽培 育て方


            春 菊 (しゅんぎく) とは

原産地/地中海沿岸  ●英名/Garland chrysanthemum ●キク科シュンギク属
/11月〜5月  ●緑黄色野菜 

<概 要>
原産地は地中海沿岸。春に黄色の花を咲かせ、葉の形がキク(菊)に似ていることから春菊と呼ばれています。日本へは室町時代に渡来し、江戸時代から栽培が始まりました。

葉に切れ込みの少ない
大葉(おおば)が四国・九州で栽培され、切れ込みのある中葉(ちゅうば)が、それ以東で栽培されています。関西では菊菜(きくな)とも呼ばれます。

■大葉種 ・香りは弱い。 ・葉の切れ込みが少なくて肉厚。・味にクセが無く柔らかい。 ・九州や四国に多い。

中葉種
 ・香りは強く、葉の切れ込は大葉種と小葉種の間。 さらに株の形で次の2種に分けられます。
・株立ち型  茎が立ち上がって分枝。 伸長した茎葉を順次摘み取り出荷する品種(関東に多い)。
・株張り型  茎があまり伸びず、株ごと抜き取り流通出荷する(関西に多い)。 葉の切れ込みが株立ち型よりは浅めで丸みを帯びている。

小葉種 葉の切れ込みは深く、香りが強いものの収量が少ないため、あまり栽培されていません。

シュンギク
シュンギク






<栄養成分と利用法>
春菊が食用とされるのは東アジアのみであり、特有の香りを持つ葉と茎を食用とします。栄養価の高い緑黄色野菜で、
カロチンビタミンB2ビタミンCビタミンEカルシウム葉緑素などが豊富に含まれており、すき焼き・ふぐ鍋など鍋料理の具材に使われるほか、生でサラダに使われます。また天麩羅のネタとしても好まれます。

カロテンは身体に抵抗力を付け、風邪などの感染症を予防し、ミネラル類は骨粗しょう症の予防などに効果があります。


油やタンパク質でカロテンの吸収率アップ
体内でビタミンAに変わるカロテンは、油やたんぱく質と一緒に食べると吸収率が高まるので、豚しゃぶにして豚肉と一緒に食べたり、調理にごま油やオリーブ油を使用すると栄養効果を上げることができます。
独特の香りは精神安定・消化促進の効果
独特の香りは、α-ペネン、ペリルアルデヒドなどの成分からなり、自律神経に作用し、精神安定の効果や、食欲増進、消化促進などの働きがあります。

また、葉を陰干しして入浴剤にすると、身体が温まり、肩こりや神経痛にも良いと言われています。


<効 能>
免疫力強化、ガン予防、高血圧予防、健胃・整腸効果、便秘予防、美肌効果、精神安定、骨粗しょう症の予防

出典/ウィキペディア (Wikipedia) フリー百科辞典、野菜辞典












         春菊(しゅんぎく)<葉・生>の栄養成分


栄養素名 含有量 栄養素名 含有量
カロリー (kcal) 22 ビタミンE (mg) 0.7
水分 (g) 91.8 ビタミンK (μg) 250
たんぱく質 (g) 2.3 ビタミンB1 (mg) 0.1
脂質 (g) 0.3 ビタミンB2 (mg) 0.061
炭水化物 (g) 3.9 ナイアシンアミド (mg) 0.8
灰分 (g) 1.4 ビタミンB6 (mg) 0.13
ナトリウム (mg) 73 ビタミンB12 (μg) 0
カリウム (mg) 460 葉酸 (μg) 190
カルシウム (mg) 120 パントテン酸 (mg) 0.23
マグネシウム (g) 26 ビタミンC (mg) 19
リン (mg) 44 飽和脂肪酸 (g) 0.02
鉄 (mg) 1.7 一価不飽和脂肪酸 (g) 0.01
亜鉛 (mg) 0.2 多価不飽和脂肪酸 (g) 0.1
(mg) 0.1 コレステロール (mg) 0
マンガン (mg) 0.4 水溶性食物繊維 (g) 0.8
レチノール (μg) 0 不溶性食物繊維 (g) 2.4
カロチン (μg) 4500 食塩相当量 (g) 0.2
ビタミンD (μg) 0


(注)栄養成分の含有量は、春菊の可食部100g当たり。
資料:科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用

春菊の栽培スケジュール

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
種まき
栽 培管 理
間引き 間引き
追 肥 追 肥
収 穫
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
春 菊 (しゅんぎく) の栽培・育て方
特 徴

品種は葉形により、中葉種、大葉種があります。家庭栽培に適しているのは、中葉種で側枝の多く出る株張り系品種です。

生育適温は15〜20℃で、春・秋の冷涼な気候を好みます。5℃以下、30℃以上では生育しません。気温が高いと病害が多くなり、栽培が困難になります。

高温で日が長くなるととう立ちし、美しいクリーム色のキク状の花が咲きます。


とう立ち・・・とう立ちとは、花が着いている茎が伸びてきて、外見でわかるようになることをいいます。花が咲くのは植物の性質ですが、「とう立ち」という言葉は、花を見たり、実を取ることを目的としていない作物に花が咲いてしまうことをいう場合が多く、ダイコン、レタス、ハクサイなどでは、とう立ちすると収穫できませんから不都合です。
栽 培

■容 器

深さ15cmくらいのプランターを使用
します。プランターの底に、ゴロ石(鉢底石)を敷き詰めます。鉢底にゴロ石やゴロ土を敷くのは、底部からの通気を良くするのと、灌水ごとに起こる土の流失を防ぐ意味があります。

土(培養土)
市販の野菜培養土10gに対し、苦土石灰10gと化成肥料35

gを混ぜて使用します。

■種
種は一晩水につけたものを使用します。また、春菊の種は好光



性種子のため、覆土を厚くすると発芽が悪くなるので注意が必要です。

■種まき
あらくばらまきにして、ごくうすく覆土をし、新聞紙を載せます。新聞紙の上から水やりをします。


@種の処理  
一晩水につけた種を紙の上に広げて、半渇きにします。
種は一晩水につけたものを使用
A種まき  
あらくばらまきにして、ごくうすく覆土をし、新聞紙を載せます。 土は、市販の野菜培養土10gに対し、苦土石灰10gと化成肥料35gを混ぜて使用します。
あらくばらまきにして、ごくうすく覆土。
B覆土と灌水
覆土としてごくうすくバーミキュライトなどをかけ、軽く押さえて、新聞紙を載せ新聞紙の上から水やりをします。

ごくうすくバーミキュライトなどをかけ、軽く押さえて、新聞紙を載せ水やりをする。
C間引き
発芽してきたら、新聞紙はすぐに取り除き、本葉2枚の頃と本葉5〜6枚の頃に間引いて、株間を8〜10cmにします。
間本葉2枚の時に株間が3cmに、本葉5〜6枚の時に株間が8〜10cmになるように間引く。本葉2枚の時に間引いた小さい芽は、芽ギクとして利用。
E摘 芯
草丈20cmくらいで、下葉を3枚残して摘芯すると側枝が伸びてきます。(摘芯とは株の芽先を摘むことです。)
夏草丈20cmくらいで下葉を3枚残して芽先を摘むと側枝が伸びてくる。
D追 肥
1回目の間引きから、週1回液肥を与えるか、化成肥料(葉菜用)を施します。

液肥(ハイライザー、野菜液など)を週1回与えるか、葉菜用化成肥料を2週間1回施す。
F収穫
伸びてくる側枝のやわらかい葉をどんどん摘み取って収穫します。花はエディプル・フラワーとして利用できます。
やわらかい芽先をどんどんつんで収穫する。
芽ギクの利用法
芽ギクは、サラダ、お吸い物、スープ、オムレツなどに入れて利用します。
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブティー楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
野菜/旬の季節

下の表を参考にして、季節に合った野菜を選んで栽培してみましょう。

果菜類の栽培<果菜類の旬>
インゲン(4〜8月) 10 11 12
エンドウ(4〜6月) 10 11 12
オクラ(7〜9月) 10 11 12
キュウリ(7〜8月) 10 11 12
トマト(6〜8月) 10 11 12
ナス(6〜9月) 10 11 12
ピーマン(6〜8月) 10 11 12

葉茎菜類の栽培<葉茎菜類の旬>
アオジソ(6〜10月) 10 11 12
アシタバ(3〜9月) 10 11 12
エンダイブ(10月〜3月) 10 11 12
コマツナ(12〜2月) 10 11 12
シュンギク(11〜3月) 10 11 12
スープセロリー(3〜4月) 10 11 12
タマネギ(5〜6月、10〜12月) 10 11 12
二ラ(3〜9月) 10 11 12
ニンニク(5〜8月) 10 11 12
葉カラシナ(2〜4月) 10 11 12
パセリ(3〜4月) 10 11 12
ブロッコリー(11月〜1月) 10 11 12
ホウレンソウ(11〜3月) 10 11 12
ミツバ(2〜4月) 10 11 12
芽キャベツ(11〜2月) 10 11 12
モロヘイヤ(7〜8月) 10 11 12
リーフレタス(5〜7月) 10 11 12
ワケギ(12〜3月) 10 11 12

根菜類の栽培
<根菜類の旬>
小カブ(10〜5月) 10 11 12
ジャガイモ(3〜4月、11〜12月) 10 11 12
ショウガ(一年中) 10 11 12
ダイコン(12〜2月) 10 11 12
ニンジン(9〜11月) 10 11 12
葉ゴボウ(3〜7月) 10 11 12
ラディッシュ(11〜6月) 10 11 12
果菜類の
栽培
インゲンの栽培育て方
インゲン
エンドウの栽培育て方
エンドウ
オクラの栽培育て方
オクラ
キュウリの栽培育て方
キュウリ
トマトの栽培育て方
トマト
ナスの栽培育て方
ナス
ピーマンの栽培育て方
ピーマン
葉茎菜類の
栽培
アオジソの栽培育て方
アオジソ
アシタバの栽培育て方
アシタバ
エンダイブの栽培育て方
エンダイブ
コマツナの栽培育て方
コマツナ
シュンギクの栽培育て方
シュンギク
スープセロリの栽培育て方
スープセロリー
タマネギの栽培育て方
タマネギ
ニラの栽培育て方
二ラ
ニンニクの栽培育て方
ニンニク
葉カラシナの栽培育て方
葉カラシナ
パセリの栽培育て方
パセリ
ブロッコリーの栽培育て方
ブロッコリー
ホウレンソウの栽培育て方
ホウレンソウ
ミツバの栽培育て方
ミツバ
芽キャベツの栽培育て方
芽キャベツ
モロヘイヤの栽培育て方
モロヘイヤ
リーフレタスの栽培育て方
リーフレタス
ワケギの栽培育て方
ワケギ
根菜類
栽培
小カブの栽培育て方
小カブ
ジャガイモの栽培育て方
ジャガイモ
ショウガの栽培育て方
ショウガ
ダイコンの栽培育て方
ダイコン
ニンジンの栽培育て方
ニンジン
葉ゴボウの栽培育て方
葉ゴボウ
ラディッシュの栽培育て方
ラディッシュ
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)  11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  15 野菜・家庭菜園(1)  16 野菜・家庭菜園(2)
17 植物関係(1)  18 植物関係(2)
                                                このページの一番上へ移動
 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方                    <<前のページ  次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
春 菊(しゅんぎく)の栽培 育て方
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方