トマトの栽培育て方|楽しい家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

トマトの栽培育て方

楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
トマトの原産地は南米アンデス高原です。ヨーロッパに伝わり、初めは観賞用に栽培されました。食用になったのは19世紀になってからです。

家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方>トマトの栽培 育て方

  サイトマップ



家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ



野菜の栽培基礎知識
土作りと
必要な材料・道具


家庭菜園 種のまき方・育苗から収穫まで


家庭菜園 病気・害虫
対策と駆除

 果菜類の栽培
   いんげん
   エンドウ
   おくら
   きゅうり
   トマト
   なす
   ピーマン


 葉茎菜類の栽培
   青じそ
   あしたば
   エンダイブ
   小松菜
   春 菊
   スープセロリー
   たまねぎ
   に ら
   にんにく
   葉からしな
   パセリ
   ブロッコリー
   ほうれん草
   みつば
   芽きゃべつ
   モロヘイヤ
   リーフレタス
   わけぎ


 
菜類の栽培
   コカブ
   じゃがいも
   しょうが
   大 根
   にんじん
   葉ごぼう
   ラディッシュ

 ★お勧めリンク集
  1 ハーブ
  2 ハーブティー、紅茶
  3 アロマテラピー
  4 レシピ・料理(1)
  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ
  7 栄養、サプリメント
  8 ダイエット
  9 健康関係(1)
 10 健康関係(2)
 11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス
 13 アウトドア
 14 雑 貨
 15 野菜、家庭菜園
 16 植物関係(1)
 17 植物関係(2)

  サイトマップ

  プロフィール

 
★相互リンク大募集



家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ










家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ


家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方
TOPページへ
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
姉妹サイトへ
を食べる
果菜類
     check トマト の 栽培 育て方


              トマト とは

●原産/南米アンデス高原   ●ナス科ナス属  ●旬6月〜8月  ●緑黄色野菜

トマトは、ナス科ナス属の多年生植物で、果実を食用として利用する緑黄色野菜の一種です。

<トマトの旬の時期>
これまでトマトの旬の時期は、一般的に夏とされていますが、冷涼で強い日差しを好み、高温多湿を嫌うトマトの性質からしてそれは誤りであり、春〜初夏と、秋〜初冬が正しい。夏が旬とされてきた理由は、日本でトマトの栽培が始った頃は温室などの設備が不十分なために、春に種を播いて夏に収穫する作型が一般的であったためです。

トマトは、季節によっても味が変わります。一般的な温室栽培を例に挙げると冬は光が少なく成長に時間がかかるため、水っぽく皮が硬い。夏は成長が早すぎて味がのる前に赤くなるが皮は柔らかい。春と秋は旨味が強くなります。家庭菜園の場合は保温用のビニールをかけて秋まで栽培すると皮は硬いがメロン並みの糖度と旨味のあるトマトが得られます。


<種としてのトマト>
トマトは長らく独自の属(トマト属 Lycopersicon)に分類されてきましたが、1990年代ごろからの様々な系統解析の結果、最近の分類ではナス属 (Solanum) に戻すようになってきています。


トマト(桃太郎)

<植物的特性>
日本では冬に枯死する一年生植物ですが、熱帯地方などでは多年生であり、適切な環境の下では長年月にわたって生育し続け、延々と開花と結実を続けることができます。

1本仕立てで1年間の長期栽培を行うとその生長量は8m〜10mにもなります。通常の品種(支柱に誘引するタイプ)では発芽後、本葉8葉から9葉目に最初の花房(第一花房)が付き、その後は3葉おきに花房を付ける性質をもちます。

また、各節位からは側枝が発生します。側枝は栽培管理上、除去される事が多い。 株がストレスを受けると正常な位置に花が付かない(花飛び)現象が発生するため、株が適切に生育しているかどうかを示す指針となります。

適温は昼温20〜25度、夜温10〜20度とされ、気温が30度を超えた環境では着果障害や不良果が増加し、最低気温が5〜10度を下回っても障害を受けます。適湿度は65〜85%であり、これ以下では生育が悪くなり、これ以上では病気が発生しやすくなります。

潅水量が多すぎると果実が割れ、少ないと障害果が発生するため、高品質な果実を作るためには潅水量の細かい制御が必要となります。潅水量を減らす
ことで高糖度な果実を生産することができますが、収量は減少します。

イタリアントマト
イタリアントマト
<品 種>
色による分類ではピンク系赤系緑系に大別され、 ピンク系トマトの果実はピンク色を呈し、赤系トマトの果実は濃い赤やオレンジ色を呈します。

日本ではピンク系トマト(
系)が生食用として人気があり、赤系トマトはもっぱら加工用とされてきました。しかし、近年になって赤系トマトには、抗酸化作用を持つとされるリコピンが多量に含まれていることから利用が見直されています。

他に、実が細長いイタリアントマトや、実が極めて小ぶりで凹凸の少ないミニトマトがあります。

海外では多くの品種が赤系トマトであるが、国産の品種は生食用として栽培されるものはピンク系のものが殆どであり、加工用品種、台木用品種やミニ
トマトに赤系のものが見られます。
大玉トマト
大玉トマト

桃太郎
桃太郎は大玉ピンク系
トマトの代表品種で、
果肉がしっかりしていて、
熟しても実がくずれないのが
特徴です。

世界では、8000種を超える品種があるとされ、日本では農林水産省の品種登録情報ページによれば、120種を超えるトマトが登録されています(2008年5月現在)。これは、野菜類の登録品種数の中でも、目立って多いようです。

果実の大きさによる分類では、大玉トマト中玉トマト(ミディトマト)、ミニトマトに分類され、大玉トマトの果重は200g以上、ミニトマトの果重は20〜30g程度となり、この中間的な果重となるものは中玉トマトと称されます。

ただし、栽培方法によって果重は変化し、水を極力与えず高糖度化をはかると大玉の品種も果実が小さくなります。小さく甘みの強いフルーツトマトとは、高糖度化をはかったトマトの事であり、品種名を示すものではありません。

フルーツトマト
の主な品種として「桃太郎」があります。ミニトマトの一品種としてパキーノ地方原産のパキーノトマト(チェリートマト)も生産されています。

ミディトマト
ミディトマト

ミニトマト
ミニトマト

<生 産>
農林水産省の野菜生産出荷統計によれば、トマトの作付け面積は、1985年ごろから減少傾向にあり、ピーク時の75%程度にまで落ち込んでいます。これは飛躍的な増加を見せた1960年代後半以前のレベル(15,000ヘクタール以下)であり、収穫量ベースでも、ピーク時の1980年代の80%程度、7 - 800,000トン程度で推移しています。

総務省の2000年家計調査によれば、1世帯当たりの年間購入量(重量ベース)では、トマトは生鮮野菜類中5位に位置します。これは一般消費者家庭で、ダイコン、ジャガイモ、キャベツ、タマネギに次いでトマトが多く消費されることを示唆するものですが、出荷量、収穫量ベースで見ても、トマトはこれらの野菜に次いで5位を占めています(平成13年野菜生産出荷統計)。

また、野菜の主要品目が10年前と比べて軒並み減少、または横ばい傾向にある中、ネギと並んで目立った増加を見せている数少ない野菜類のひとつとなっています。

<栽培の歴史>
南米アンデス高原が原産といわれるトマト。ヨーロッパへは、1519年にメキシコに上陸したエルナン・コルテスがその種を持ち帰ったのが始まりとされ、その後200年にも及ぶ開発を経て現在のかたちとなりました。これがヨーロッパへと広まり、一般的に食用となったのは18世紀のこと。

一方北アメリカでは、しばらくは食用としては認知されませんでした。日本には江戸時代の寛文年間頃に長崎に伝わったのが最初とされ、当時は観賞用で「唐柿」と呼ばれていました。日本で食用として利用されるようになったのは明治以降で、さらに日本人の味覚にあった品種の育成が盛んになったのは昭和に入ってからです。

トマトは、1994年5月、FDA(連邦食品医薬品局)が承認したFlavr Savrというトマトで、米国で最初に認可を受けた遺伝子組み換え作物です。Flavr Savrは長期間の保存に適した品種でしたが、開発費用などを回収するために通常のトマトよりも高い価格に設定されたため、商業的にはそれほどの成功はしませんでした。
 トマトの栄養成分

栄養素名 含有量 栄養素名 含有量
カロリー(kcal) 19 ビタミンE(mg) 0.9
水分 (g) 94 ビタミンK (μg) 4
たんぱく質 (g) 0.7 ビタミンB1 (mg) 0.05
脂質 (g) 0.1 ビタミンB2 (mg) 0.02
炭水化物 (g) 4.7 ナイアシンアミド (mg) 0.7
灰分 (g) 0.5 ビタミンB6 (mg) 0.08
ナトリウム (mg) 3 ビタミンB12 (μg) 0
カリウム (mg) 210 葉酸 (μg) 22
カルシウム (mg) 7 パントテン酸 (mg) 0.17
マグネシウム (mg) 9 ビタミンC (mg) 15
リン (mg) 26 飽和脂肪酸 (g) 0.02
鉄 (mg) 0.2 一価不飽和脂肪酸 (g) 0.01
亜鉛 (mg) 0.1 多価不飽和脂肪酸 (g) 0.03
銅 (mg) 0.04 コレステロール (mg) 0
マンガン (mg) 0.08 水溶性食物繊維 (g) 0.3
レチノール (μg) 0 不溶性食物繊維 (g) 0.7
カロチン (μg) 540 食塩相当量 (g) 0
ビタミンD (μg) 0

(注)栄養成分の含有量は、トマトの可食部100g当たり。
資料:文部科学省資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用

<食材としてのトマト>

トマトを用いた料理にはサラダや焼きトマトなど、そのままを味わう料理も
数多くありますが、手を加えた料理でよく知られているものに、メキシコ料理のサルサ、イタリア料理の各種ピザ、パスタ用ソース、インドのカレー、ヨーロッパのシチューなどがあります。中華料理でもトマトと卵をスープにしたり、中央アジアのラグマンなどに利用されています。

このように各国で広く利用されていることの理由としては、グルタミン酸の濃度が非常に高いため、うま味があること、酸味・水分があること、などが挙げられます。

日本や上記の国の他には、韓国でピンク系トマトが多く消費されます。ちなみに韓国ではトマトは果物の一種と考えられることも多く、輪切りにしたものに砂糖をまぶして食べるのが最もありふれた食べ方のひとつになっています。

品種によって酸味、甘みの度合いがかなり異なり、また皮の硬さも異なるので、用途に適したものを選んで使うのがコツとなります。例えば、酸味が強く皮が厚いイタリアントマトは加熱した料理に向いています。仮に、生食用として売られている品種(桃太郎など)を加熱調理に利用する場合は、種子周辺のゼリー質を捨てずに利用するのがポイントです。

美味しいトマトの見分け方としてヘタがキレイで色の良いものが薦められていますが、トマトの味は品種や産地、栽培方法、栽培農家などによって味にかなりの差が出るため、あまり当てになりません。従って、スーパーなどで実験的に一度購入して、美味しいと感じたトマトの銘柄を覚えておいて、次からはそれを購入するといった方法が確実です。トマトの加工食品として、トマトジュース、トマトケチャップ、トマトソース、トマトピューレ、ドライトマト(乾燥トマト)などがあります。

トマトサラダ
トマトサラダ


トマトサルサ
トマトサルサ


ラグマン
ラグマン


乾燥トマト
乾燥トマト
 トマトの栽培スケジュール

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
種まき
苗植え
栽培管理
←剪定・整枝
追肥
マルチング
収 穫
<栄 養>
ヨーロッパでは、「トマトが赤くなると医者が青くなる。」ということわざがあるほど、栄養たっぷりの野菜です。トマトは他の野菜類と同様に、ビタミンCを多く含むと同時に、ビタミンAB群P(ルチン)Hなどのビタミン類、血圧を下げるカリウムなどを豊富に含みます。

トマトの赤い色はリコピンという成分で、リコピンは1995年にがん予防の効果が指摘されて以来、注目を集めるようになりました。リコピンの有効性に関しては「有効性あり」とするデータと、「有効性なし」とする両方のデータがありましたが、有害な活性酸素の働きを抑える強い抗酸化作用、つまりガンや動脈硬化などを予防する効果が高いことが解明されました。


<効 能>
ガン予防にリコピンの強い抗酸化作用
ガン予防、美肌保持、成人病予防、食欲増進、疲労回復、夏バテ防止、消化促進


<食べ方>
煮物、茹でる、サラダ、スープ、炒めるなど。


出展/フリー百科辞典(Wikipedia)、野菜辞典
たっぷりの旨み成分
果肉より、種まわりの
ゼリー部に多く含まれる
グルタミン酸は、トマトの
旨み成分。
サラダはもちろん、
トマトソースにする時も
そのまま利用しましょう。
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー


トマト の栽培・育て方
特 徴

普通の大玉トマトとミディトマト、ミニトマトがあり、いろいろな品種が市販されています。苗を購入して植えつけるのが手軽な栽培方法ですが、自分で育苗することもできます。

<適 温>
発芽適温は27〜30℃で、発芽には高温が必要です。生育適温は昼間は25℃、夜間は10〜18℃ですが、低温には強く限界は


5℃くらいです。昼温が35℃以上になるとになると花粉ができなくなるので、結実しなくなります。

生育には強い日光が必要です。日当たりが悪いと開花しても落花したり、実ができても<空洞果>や<すじ腐れ果>が発生します。また、降雨が続くと病害が発生しやすくなります。
栽 培

@苗の購入
ホームセンターなどで苗を購入して植えつけると手軽です。苗は茎が太く、全体的にがっちりとしたものを選びます。
茎が太く、丈夫な苗を購入。


A定 植
苗を8〜10号鉢に1本植えるか、深さ25cm以上のプランターに株間30cmくらいになるように植え付けます。浅い容器での栽培では収量が少なくなります。
苗を8〜10号鉢に1本植えるか、深さ25cm以上のプランターに株間30cmくらいになるように植え付ける。
B管 理(支柱立て)
草丈30cmくらいになったら、1.5mくらいの支柱を立てて誘引し、主枝と支柱をひもで結びます。1本の支柱で安定しない場合は、支柱を2本立てます。
草丈30cmで1.5mくらいの支柱を立てて誘引。主枝と支柱をひもで結ぶ。
C管 理(整枝)
整枝して、株の中心まで日光を当てるようにし、風通しもよくすると、たくさん結実するようになります。整枝には<1本仕立て>
<2花房摘芯3段仕立て>があります。

1本仕立て
側芽を摘み取り、主枝を1本伸ばすようにして、収穫終了予定の花房上に2葉残して整枝します。
側芽を摘み取って、主枝を1本伸ばすようにして整枝。
D管 理(整枝)
整枝して、株の中心まで日光を当てるようにし、風通しもよくすると、たくさん結実するようになります。整枝には<1本仕立て>
<2花房摘芯3段仕立て>があります。

2花房摘芯3段仕立て
主枝に2花房つけて、主枝の先端を摘芯し、下の枝(側枝)を伸ばします。側枝に2花房つけたら摘芯し、くり返して6花房にします。
主枝に2花房つけ、先を摘芯。下の枝(側枝)を伸ばし2花房つけたら摘芯。くり返して6花房にする。
E追 肥
果実が豆粒大になったら化成肥料(果実用)を月2回、1株あたり10g与えるか、または液肥を週1回施します。(初めから多肥にすると茎葉だけが繁り、実のつきが悪くなるので、追肥開始時期に注意が必要です。)
果実が豆粒大になったら化成肥料(果実用)を月2回、1株あたり10g与えるか、液肥を週1回施す。
F管 理(マルチング)
乾燥防止のため、株元に腐葉土、ピートモスなどを敷き詰めて、水やりも十分に行います。
株まわりにマルチングして、水やりもこまめに行って乾燥を防ぐ。
G収 穫
完熟した果実から順次収穫します。雨に当たると裂果することがありますので、注意が必要です。
完熟した果実から順次収穫。
姉妹サイトも、どうぞご利用ください
ハーブ|楽しいハーブ栽培・育て方とハーブティー
野菜/旬の季節

下の表を参考にして、季節に合った野菜を選んで栽培してみましょう。

果菜類の栽培<果菜類の旬>
インゲン(4〜8月) 10 11 12
エンドウ(4〜6月) 10 11 12
オクラ(7〜9月) 10 11 12
キュウリ(7〜8月) 10 11 12
トマト(6〜8月) 10 11 12
ナス(6〜9月) 10 11 12
ピーマン(6〜8月) 10 11 12

葉茎菜類の栽培<葉茎菜類の旬>
アオジソ(6〜10月) 10 11 12
アシタバ(3〜9月) 10 11 12
エンダイブ(10月〜3月) 10 11 12
コマツナ(12〜2月) 10 11 12
シュンギク(11〜3月) 10 11 12
スープセロリー(3〜4月) 10 11 12
タマネギ(5〜6月、10〜12月) 10 11 12
二ラ(3〜9月) 10 11 12
ニンニク(5〜8月) 10 11 12
葉カラシナ(2〜4月) 10 11 12
パセリ(3〜4月) 10 11 12
ブロッコリー(11月〜1月) 10 11 12
ホウレンソウ(11〜3月) 10 11 12
ミツバ(2〜4月) 10 11 12
芽キャベツ(11〜2月) 10 11 12
モロヘイヤ(7〜8月) 10 11 12
リーフレタス(5〜7月) 10 11 12
ワケギ(12〜3月) 10 11 12

根菜類の栽培<根菜類の旬>
小カブ(10〜5月) 10 11 12
ジャガイモ(3〜4月、11〜12月) 10 11 12
ショウガ(一年中) 10 11 12
ダイコン(12〜2月) 10 11 12
ニンジン(9〜11月) 10 11 12
葉ゴボウ(3〜7月) 10 11 12
ラディッシュ(11〜6月) 10 11 12
果菜類の
栽培
インゲン、いんげん
インゲン
エンドウ
エンドウ
おくら、オクラ
オクラ
きゅうり/キュウリ
キュウリ
トマト
トマト
なす/ナス
ナス
ピーマン
ピーマン
葉茎菜類の
栽培
青じそ、しそ
アオジソ
あしたば、アシタバ
アシタバ
エンダイブ
エンダイブ
小松菜、コマツナ
コマツナ
春菊、シュンギク
シュンギク
スープセロリ
スープセロリー
タマネギ
二ラ
ニンニク
葉カラシナ
パセリ
ブロッコリー
ホウレンソウ
ミツバ
芽キャベツ
モロヘイヤ
リーフレタス
ワケギ
根菜類
栽培
小カブ
ジャガイモ
ショウガ
ダイコン
ニンジン
葉ゴボウ
ラディッシュ
★お勧めリンク集★
1 ハーブ  2 ハーブティー、紅茶、お茶  3 テラピー、アロマテラピー  4 レシピ・料理(1)  5 レシピ・料理(2)
  6 スイーツ  7 栄養、サプリメント  8 ダイエット  9 健康関係(1)  10 健康関係(2)  11 ガーデニング
 12 DIY、ログハウス  13 アウトドア  14 雑 貨  15 野菜・家庭菜園(1)  16 野菜・家庭菜園(2)
17 植物関係(1)  18 植物関係(2)
                                                このページの一番上へ移動
 家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方                    <<前のページ  次のページ>>
Copyright (C)  All Rights Reserved 
トマト の 栽培 育て方
家庭菜園 楽しい家庭菜園プランターベランダ菜園|野菜の栽培育て方